佐藤製薬が販売してる「美健知箋グルコサミン」関節の痛みにはサプリがおすすめ

認知症予防と趣味とお気に入り

関節が痛くなると、どうしても動くのが怖くなってきます。

動かす時の初動・・つまり動き始める時に無意識に動かすと、「イタッ」となる時があります。

若い人には、分からないと思いますが、年齢を重ねてくると多くの人が、この痛みと戦わなくてはなりません。

そこで、いろいろと調べてみた結果、グルコサミンは、関節痛に良いという事がわかりました。

ただ、グルコサミンだけでは、それほど効果が無いんですよね。

グルコサミンと一緒に入っている成分によって、その効果が違ってくるのです。

では、グルコサミンと相性が良い成分とは、いったいどのような成分なのでしょう。

 

◇そもそもグルコサミンとは
一般的にグルコサミンと呼ばれているのは、「グルコサミン塩酸塩」のことです。グルコサミン塩酸塩は体内に取り込まれるとN-アセチルグルコサミンに変換されます。N-アセチルグルコサミンはヒアルロン酸の主成分として、ひざの曲げ伸ばしをサポートしてくれます。
■グルコサミンと相性の良い成分は

それは、ユンケルでもおなじみの佐藤製薬が販売してる「美健知箋グルコサミン」のサイトに答えがありました。

相性の良い成分その①
潤いを与え、稼働性を保つ次世代のグルコサミンで従来のグルコサミンの3倍のパワーを発揮するといわれるN-アセチルグルコサミン。

相性の良い成分その②
加齢で減少する軟骨成分であるコンドロイチン

■コンドロイチンとは
人体にある成分で、水分を保持する働きや弾力性を維持する働きがあります。その働きにより、関節を柔軟にし、クッション性を与え、円滑に稼働させたり皮膚の潤いを保ち、お肌にハリを与えます。また成分を補給するときは、グルコサミンと摂取することで、一緒に作用したり、相乗効果があるといわれています。またコンドロイチンも年齢とともに体内での生成が減少すると知られています。

さらに、インド伝来のアーユルヴェーダのハーブやほっとする生姜。軟骨成分だけでなく、佐藤製薬独自の組み合わせでスムーズな動きと日々の生活をサポートしてくれます。

グルコサミンは、50歳を過ぎると体内から激減します。

人体でも生成されるN-アセチルグルコサミンですが、50歳を越えるとその生成量が激減してしまい、日々の生活がきつくなってきてしまします。

サプリメントと共に日々の運動が、健康維持にはとても有効的だという事は、誰もが知っていること。、
でも関節がいたいときには、体を動かすのは、とても大変です。

そんな時にサポートしてくれるのが、天然由来成分MSMなのです。

MSMとは、人体に存在する化学物質であり、体内で酵素や抗体、軟骨、コラーゲン、毛髪、爪、皮膚を作るのに必要な物質の事です。


美健知箋グルコサミンには、このMSMもたっぷり含まれている優れものです。

だからこそ、佐藤製薬も自信を持っておすすめしているのですね。

今なら、美健知箋グルコサミンを定価4,320円のところなんと限定価格の2,000円で購入できるサイトがあるんです。

美健知箋グルコサミンのサイトはこちら

体の内側から、グルコサミンを補給するならば、ユンケルでおなじみの佐藤製薬が作った「美健知箋グルコサミン」を是非お勧めします。

 

ところで、体の中からの補給するグルコサミンは、佐藤製薬の美健知箋グルコサミンで良いとして、体の外から、グルコサミンは補給できないのでしょうか。

これは誰もが、思うことです。

体の内側と外側の両方から、グルコサミンを補給できれば、これほど完璧な事はありません。

早速、体の外から塗るタイプのグルコサミンを探してみました。

すると、とても良い商品を見つけることができました。

それが、「あゆみEX」です。まさに塗るタイプのグルコサミンです。


1日2回、マッサージをしながら気になる部分に塗るだけなのです。

塗り始めのころは、1日4~5回程度塗ります。

変化が実感できるまでは、多少面倒でも、回数を多めに塗ることで、効果が期待できます。

私が、このあゆみEXをいいなと思った理由の最大のポイントは、患部に塗ったところがぽかぽかしてくることなんです。

温泉などに行くと、体がぽかぽかして、今まで動かなかった患部が、動くようになった経験はありませんか。

それと同じような効果を得ることができるのがあゆみEXなのです。

これは、関節痛がひどい人にとっては、とてもありがたい事なんです。

是非、体の外側から、関節を改善したい方には、あゆみEXをおすすめします。

体の内側と外側のダブルで、関節痛を和らげることができたら、かなり「楽」になると思いますよ。

あゆみEXの公式サイトはこちら

サプリメントを上手に使ってください

若いころには、経験もしなかった、関節痛や肩こりなど、歳をとると身体のあちこちに不具合が出てきます。

膝の痛みは、膝を伸ばしたり、曲げたるすることで、骨の軟骨がすり減って、炎症を起こすことが原因です。

膝の痛みに効果のある成分は、ヒアルロン酸のほかにも、コンドロイチンやグルコサミンなどがあげられます。

若いころは、骨同士の摩擦をやわらげてくれるヒアルロン酸が、豊富にあるので膝が痛くなることはありません。

ヒアルロン酸や、コンドロイチンは、ヤマイモもや納豆などのねばねばした食べ物に多く含まれています。

食べ過ぎは、良くないですが、少し意識して、食事に摂り入れると良いと思います。

グルコサミンは、甲殻類(エビ・カニなど)に豊富に含まれていますが、少し食べたくらいでは、効果はありません。

大量に摂取しなければ、効果がないグルコサミンは、サプリメントや薬などで、補給する方が容易です。

そのためにグルコサミンのサプリメントは多く発売されています。

これらのことを考慮しながら食事を準備するのは、大変なことです。誰でも歳をとれば、身体のあちこちに不具合を起こすものです。身体に必要な成分もどんどん減少してきて、食事はより重要な成分補給となります。

食事では、補いきれない成分は、上手にサプリメントを使うことによって、役立つのです。

 

 

 

販売士が年代別にスキンケアを代えなければならない理由と対策教えます
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました