『EPAの摂取』血液サラサラ美しい肌キープ「これぞ食べる美容液」の紹介です

認知症予防と趣味とお気に入り

歳をとっても美しい肌でいたいと思うのは、女性なら必ず思うはずです。

美しい肌を作るために、いろんな化粧品やスキンケアコスメを使っていると思いますが、最も大切なのは、血液がスムーズに流れ、身体の隅々まで栄養と酸素が行きわわたり、老廃物を速やかに流してくれることなんです。

そんな血液サラサラの体に導いてくれるのがEPAなのです。

年齢を重ねてくると、今まで同じ量の食事もしくは、若い時よりも食事の量が減っているにも関わらず、太ってきます。

健康診断などでは、コレステロールや中性脂肪の数値の増加を指摘されることもしばしば。

これは、身体の代謝が落ちているからなのです。

どうしても、食べたものをすべてエネルギーに変えることができずに、余ってしまうのです。

それが、コレステロールや中性脂肪として、体の中に残ってしまうのです。

そうなると、血が油でどろどろの状態となり、血が固まりやすくなるのです。

美肌の条件である血液サラサラにするためには、EPAを摂取すると良いです。

EPAとは「エイコサペンタエン酸」の略で、青魚に多く含まれる脂分のことです。

動脈硬化と肌荒れとどのような関係があるのでしょう。

肌の下には、皮下組織があり、その奥には動脈が走っています。
この動脈から細い血管が分かれて毛細血管となり網目状のネットワークを作ります。

肌は、この毛細血管から必要な水分、酸素、脂肪成分を得ています。ツヤ、ハリのある肌を保つためには、身体の中から供給されている栄養分、水分が大切です。

もしこの血管が詰まると血管が細くなり血液が順調に肌に流れません。その結果、栄養分、水分、酸素、脂肪成分が不足気味になり、肌トラブルへと発展するのです。

動脈硬化の予防は、肌トラブルの防止だけでなく、体調管理全体に重要なので日ごろから注意するようにしてください。

血液がサラサラと流れることで、血液成分の影響でツヤのあるきれいな肌になります。逆にサラサラでないと皮下の血流が滞って、肌に充分な栄養や酸素を届けることができなくなるので、血液のサラサラ度は、肌にダイレクトに影響を与えるといえます。

もともと日本人は、欧米人に比べて魚介類をたくさん食べる民族で、血の塊ができることが原因で起こる心筋梗塞や脳梗塞などの発症率が欧米人に比べて低く、また肌質のいいことで知られていました。

ところが近年、日本でも食生活の欧米化が進んで肉類の摂取が増え、それにともない、肌トラブルを訴える人が急増しています。

肌の健康を守るうえで青魚成分のEPAはとても大切なんです。

キレイな肌を作りたいと強く願っているのなら、肌を守る基本セオリーとしてEPAの健康学は、はずすことはできません。

毎日、青魚を食べることは、大変なことです。

そこで、簡単にEPAを摂ることができるサプリメントを紹介します。

『【記憶・判断】【中性脂肪】をダブルでサポート!青魚の恵みDHA&EPA』

青魚の恵みDHA&EPAは機能性表示食品なので、中性脂肪を低下させる機能と記憶・判断をサポートする機能のダブルの機能性を消費者庁に届け出し、受理されています。

だから、世の中に出回る粗悪なサプリメントや健康食品と違い、販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などを消費者庁に届け出て、事業者の責任において科学的データに基づいた効果を表示できる食品なのです。

40代、50代の中性脂肪の悩み認知機能の悩みの両方がケアできるので便利です。

さらに、血液がサラサラになることで、美肌効果も期待できます。

歳をとってから、必要なサプリメントのひとつだと思います。


EPAは40代、50代には、絶対に必要な栄養素です。

毎日少しずつ摂取することを心がけてください。カプセルは飲みやすいソフトカプセルです。

DHA豊富なカツオを主として鹿児島県の枕崎市をはじめ 国内で搾油し、国内の工場で業界トップクラスの 高純度(DHA71%以上)に濃縮精製加工した原料を使用しています。

◇残留農薬、ダイオキシン、微生物、放射能物質など 300もの項目を厳格に検査し、品質安全性は IFOSの品質基準に匹敵!

◇「機能性表示食品」として、消費者庁に届け出が受理されています!

青魚の恵みDHA&EPAについては、公式サイトが用意されていますので、そちらで価格、成分を確認することができます。

青魚の恵みDHA&EPA 公式サイトはこちら

 

バストを大きくしたいならバストアップサプリ【Bom2 Boron】~ボンボンボロン~
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました