染めた翌日から髪の毛がツヤツヤに『マイナチュレ カラートリートメント』

認知症予防と趣味とお気に入り

マイナチュレは、皮膚に髪の毛にやさしいトリートメントカラーです

マイナチュレ カラートリートメント

コロナの影響による巣ごもり生活で、普段からセルフカラーをしている人が買い物でまとめ買いをしたり、ヘアサロンに行けない人がセルフカラーをするなどの影響で、2020年春頃にセルフカラー剤の売上が上昇したようです。

現在は昨年と比較すると外出が多くなっている印象でありますが、

「カラーリングしたいけど美容院に行くために外出したくない」
「少し白髪が出てきたけど、在宅勤務中だし、美容院に行って染めるほどじゃないな」
「オンラインミーティングで自分を見ていて髪色が少し気になってきたけど、美容室行くの面倒だな」
「節約のために美容院でのカラーリングの回数を減らしたいな」

などの、ちょっと気になっている状況を解決するため、
自宅でケア出来るカラートリートメントがおすすめです!

市販の白髪染めでは、脱色する行程があるカラー剤に含まれ、髪や頭皮への負担の大きい過酸化水素や、アレルギーの原因となりやすいジアミン系染料が用いられており、ダメージが大きく使用すればするほど髪が傷んでしまいます。

髪が痛むとキューティクルが開き、キューティクルの隙間から染料が落ちてしまうため、色の持続効果が低くなります。

カラートリートメントでは、髪表面からやや内側に染料が定着する商品が多く、ダメージを抑えることができ、ジアミン系染料フリーの商品もあるため安心して使用出来ます!

オールインワンケアカラートリートメント「マイナチュレ」

ジアミン系カラー、紫外線吸収剤、パラベン、シリコンなど「不使用」!

毛髪診断士の髪の専門家が商品開発!
白髪ケアだけでなく、スカルプケア、ヘアケア、エイジングケアも可能で、
染めるだけではない多方面からのケアを重視したオールインワンケアの商品です。

皆さま体調は崩されていませんでしょうか?
体調にはお気を付けくださいね。

年々歳をとると白髪も増えてきます。

そんな白髪ケアで、やってはいけないことがあります

【白髪ケア中のNG行為とは?】

鏡を見て、白髪がちらっと1本…
そんな時、白髪を根本から引っ張って抜いてしまう時ありませんか?

その行為はNGです!

引っ張って抜いてしまうと、頭皮が傷ついてしまう原因に。

頭皮トラブルの原因に繋がってしまう恐れがあります。

白髪が気になった時は引っ張って抜かずに「はさみで切る」ことをおすすめいたします。

頭皮を傷つけることなく、白髪ケアができますよ。

ぜひ、今日からお試しください。

マイナチュレ カラートリートメント

最近のマイナチュレを購入したのお客様の話

【お客様からよく聞かれる成分とは?】

お客様からカラートリートメントの成分に関して質問をいただくことがあるそうです。

成分に関しての回答です。

成分の質問の中で1番多いのが「ジアミン」です。

アレルギーを引き起こす恐れがあるため、懸念される方が多いようです。

マイナチュレカラートリートメントには、合成香料・シリコン・鉱物油・パラベン・ジアミン系染料や紫外線吸収剤、
サルフェート・法定タール色素など、お肌に負担をかける成分が入っておりません。

さらに安心してご利用していただくために、パッチテスト、アレルギーテスト、スティンギングテストの3つの厳しいテストをクリアしています。

そして植物由来原料を約94%使用しているため、ほぼ植物由来原料でつくられています。

お肌が弱いため、気にされている方も多いので、入っていない成分や厳しいテストをクリアしています。

これを知っているの知らないとではマイナチュレカラートリートメントへの安心度が随分と違いますね。

安心できたら、是非マイナチュレカラートリートメントを使ってみてください。

マイナチュレ カラートリートメント

 

参考にしてください

(1) 白髪ができるメカニズム
(2)カラートリートメントの色落ちを軽減させるコツ

(1) 白髪ができるメカニズム

白髪とは、年齢を重ねるにつれて色素細胞(髪を作るための細胞)の能力が衰え、毛髪の色素が消失した状態のことです。
毛母細胞の間には、髪の色を作るメラニン色素を生成するメラノサイト(色素形成細胞)があり、
そこでメラニン色素を生成、コルテックスに行き渡り、髪に色をつけているのです。
加齢により、メラノサイトが徐々に減少、それに比例してメラニン色素も減少します。
その結果、髪の色素が薄くなり、白髪になってしまう…というわけです。

(2) カラートリートメントの色落ちを軽減させるコツ

カラートリートメントで白髪ケアした色落ちを軽減させる方法を紹介します!

①すぐに髪の毛を乾かす

濡れた髪の毛は、キューティクルが開いているため、染料が出てしまいます。
ドライヤーを使用するのは暑く大変な時期だと思いますので、タオルドライをしっかりとおこなっていただき、少しでもドライヤーの時間を短くしていただくのがおすすめです♪

②洗い流さないトリートメントで保護する

髪の摩擦が起こることで色落ちしてしまう場合もございます。
洗い流さないトリートメントで髪をコーティングしていただくことで、できる限り髪の摩擦を軽減することができます。
髪を補修するという意味でもぜひ、ご使用いただければと思います!

③ヘアワックス、スプレーをつける

汗などの水分により、お洋服に色移りしてしまう場合があるかと思います。
ヘアワックス、スプレーをつけることで髪とお洋服の間で摩擦が軽減し、それに伴い色移りを軽減させることができます。

マイナチュレ公式サイトはこちら

 

 

販売士が年代別にスキンケアを代えなければならない理由と対策教えます
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました