印鑑のススメ 『手書き文字・手彫り仕上げ印鑑』東京国分寺 天章堂

認知症予防と趣味とお気に入り

印鑑はもう古い、これからはサインの時代

そういう方も多くなってきました。

確かに、これからは、サインの時代になるのかもしれません。

しかし、日本の文化として、印鑑を持っておくことは、大事だと思います。

今や100円ショップでも印鑑を売っている時代です。

みんな同じような印鑑を持っていてもあまり価値はありません。

ちょっといい印鑑を作ってみるというのはどうでしょう。

霊感商売ではないですが、新しい印鑑を作ったら、運気が変わったという人も確かにいます。

心の持ちようですが、たまには、古き良き日本文化にあやかってみるのもいいと思います。

印鑑ってどこで作るの?

今はネットの時代です。

印鑑もインターネット経由で簡単に作ることができます。

おすすめの印鑑屋さんがこちら

手書き文字・手彫り仕上げ印鑑【天章堂】

ここをおすすめする理由は
・『手書き文字・手彫り仕上げ印鑑』
・『労働大臣賞受賞職人』
・『事前印影確認サービス有り(無料)※代引きは不可』
・『急ぎの納期にも可能な限り対応(要電話相談)』

など、ほかのお店では、対応してくれないようなことまで、しっかりと対応してくれるからです。

品質も『手書き文字・手彫り仕上げ印鑑』『労働大臣賞受賞職人』が作ってくれるので、安心できます。

ほかの印鑑サイトよりも価格は高額だと思います。


それには、ちゃんと理由があります。価格なりの価値のある印鑑だからです。

「手書き文字と、手彫り仕上げの印鑑であり、レトロな文字の美しさ」がこの印鑑の価値なのです。

印鑑の材質の最高級品は「象牙」だといわれています。

でも中には、動物愛護の観点からからも象牙を使うのは、ちょっと・・・という方もいると思います。

「東京国分寺 天章堂」では、政府認定の象牙だけを使用しているそうです。

でも、いくら政府が認定してくれても象牙には変わりないので、私は、ちょっと象牙の印鑑を持つことは、控えたいと思っています。

そのような方には、オランダ水牛や黒水牛の角を使った印鑑もあります。

動物を使った材質が嫌ならば、天然木材、チタン、樹脂、天然石を使った印鑑を作ることができます。

おすすめは、天然石ではないでしょうか。

天然石には、いろんな秘めたパワーがあります。

その秘めたパワーを含めて印鑑にすることで、なんだか人生が変わってきそうな感じがしませんか。

特に「黄トラメ(タイガーアイ)」で作られた銀行印は、金運を運んできてくれそうな予感がします。

こうやっていろいろと考えるだけでも楽しくなってきます。

今まで、印鑑を作ることなんか考えたこともなかったかもしれませんが、ぜひこの機会に、印鑑を作ることを考えてみてはいかがですか。

『手書き文字・手彫り仕上げ印鑑』東京国分寺 天章堂の公式サイトはこちら

 

バストを大きくしたいならバストアップサプリ【Bom2 Boron】~ボンボンボロン~
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました