子犬にはナチュラルフードを与えたはダメですよ

認知症予防と趣味とお気に入り

ナチュラルドッグフードは、成犬向けのフードです。

ナチュラルドッグフードを子犬(パピー犬)にあげるといけないのでしょうか。その理由と対策を調べてみました。

一般的に子犬とは1歳未満の月齢の犬を指します。
ナチュラルドッグフードを食べさせたいのですが、ナチュラルドッグフードの対象月齢が7か月以降となっています。
月齢7か月目以降の子犬が対象となります。

では、子犬に最も最適なドッグフードとはどんなものなのでしょう

子犬に適したドッグフード

■カナガン
ナチュラルドッグフードと同様にペットフードの先進国イギリスで作られてた「イギリス産高級グレインフリードッグフードです。

ドライフードのおいしさもついにここまで来たかという感じです。

獣医師の81%が推奨しています。

推奨するポイントは3つ

  • グレインフリー(穀物不使用)
  • 香料・着色料不使用
  • 全犬種・全ライフステージに対応

 

■カナガンが子犬に良い理由

子犬が成長するためのカロリーがとても高い事です。逆にカナガンは栄養価が高すぎて、成犬が食べると太ってしまいます。

どうして子犬にナチュラルドッグフードを与えるとだめなの?

ナチュラルドッグフードは、7か月からのワンちゃんにおすすめしています。

子犬は、高たんぱく質で高カロリーの食事が向いています。
ナチュラルドッグフードはタンパク質が20%と低く、子犬が食べても問題はありませんが、もう少しカロリーが高いものをおすすめします。

小型の子犬には問題ないのですが、大型の子犬には、推奨されていません。
人間でも、最も成長する時期には、もっとも栄養のあるものを食べた方が、しっかりと身体が出来上がるのと同じ事なんですね。

成犬用に完全バランスされたナチュラルドッグフードの場合、成長期に栄養が不足する可能性があるのです。

子犬から成犬になる時は、このようにお食事の内容を変えてみてはいかがですか。

成犬用のおすすめナチュラル

イギリス産の無添加プレミアムドッグフード『アランズ ナチュラルドッグフード』100%天然素材のみを厳選して作ったこだわりのプレミアムドッグフードが、ついに日本上陸!
「わが子のように大切な愛犬に、本当に良いフードを食べさせてあげたい」という愛犬家の皆様の間で人気急上昇中。
注目のドッグフードです。

 

もうワンランクいいお食事をという方に

プレミアムドッグフード「モグワン」¥3,960 (1.8kg)

「愛犬のために本当はフードを手作りしてあげたいけど、時間的に難しい!」
「ドライフードは添加物が心配だけど、手作り食は栄養バランスが気になる!」

そんな飼い主様のワガママを叶えるフードを作りたい!という思いのもと
ペットフード通販専門の当店がイギリスの生産現場にも何度も足を運び
2年もの歳月をかけてオリジナルドッグフードを開発しました。

手作り食の安心感・美味しさはそのままに、
人間も食べられるほど上質で新鮮な食材を使用して作った
栄養たっぷりのプレミアムフードです。

お年寄りになったら

・シニア犬ドッグフード「ピッコロ」¥3,960(1.5kg)

「年をとってもわが子には美味しい食事を楽しんでほしい!」
シニアのワンちゃんを大切に想う飼い主様のために開発された商品です。

カロリー控えめ!低脂質!高たんぱく!

100gあたり355 kcalという控えめカロリーで、健康を気遣いながらも
美味しい食事を思いっきり楽しんでいただける、
シニア犬のためのフード「ピッコロ」。
一般にシニアと言われる7歳以上のワンちゃんが50%を超える日本において、
そのニーズに応えるべく、当店が独占輸入いたしました。

それぞれの年齢にあった正しいお食事を与えることが、あなたの愛情ではないでしょうか。

共に生き、ともに過ごした楽しい日々をこれからも一緒に過ごしていきましょう。

バストを大きくしたいならバストアップサプリ【Bom2 Boron】~ボンボンボロン~
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました