【ラクリブ】ホットフラッシュで眠れない人は、試してみて

認知症予防と趣味とお気に入り

40代以降更年期になるとこんな症状が出てきませんか

閉経前後に更年期障害を体験する人が多いと思います。

急に心臓がドクッときて、顔が真っ赤になり首筋や顔から汗がダーッと噴き出てきます。

これもホットフラッシュの一例です。

他にもこのような症状があります。

  • 顔が急にカーっとなるから出かけるのが怖い
  • 寝汗がすごくて毎日シーツを替えるのが煩わしい
  • 夜暑くて何度もおきてしまう
  • 顔が真っ赤なのが恥ずかしい
  • 常に暑いからおしゃれができない
  • 突然、汗が噴き出て来るので、人に合うのが億劫

他にも四十肩や耳鳴りなどに悩まされる人もいます。

このような思いをしている方は、中高年の女性だけでなく男性にも多いと思いいます。

これは『ホットフラッシュ』と言われる、誰もが多かれ少なかれ経験する症状のひとつなのです。

ホットフラッシュとは、上手に付き合っていくしかありません。

更年期障害を厄介者扱いするよりも、人間として自然な現象が起きているんだなという風にとらえた方が気持ちが楽になります。

ホットフラッシュとは

上半身ののぼせ・ほてり・発汗など起こる更年期障害の代表的な症状です。急に顔が熱くなったり、汗が止まらなくなったりします。上半身だけが暑くてのぼせる、冬でも突然汗が噴き出るなど、更年期世代の女性に多い悩みです。

女性には、年齢と共に4つのステージがあるといわれています

・思春期
・性成熟期
・更年期
・老齢期

女性なら誰もがこの4つのステージを経験します。
このうち閉経を迎える時期を挟んだ前後10年を「更年期」といいます。

身体的な変化もあるのですが、実は心理的な要因(家庭環境や仕事)も複雑に関与します。

日本人に多く見られる症状としては、肩こりや疲れが多いようです。

その他には、頭痛、のぼせ、腰痛、汗をかくなどです。

最近では、閉経がまだまだ先であるはずの若者の間でも、更年期障害と似たような症状に悩む人がいます。

食生活の乱れや、生活環境の変化に体がついていくことができずに自律神経が乱れることにより更年期障害と同じような症状が出るのです。

このような症状が出る人には、ラクリブをおすすめします。

ホットフラッシュになる原因は、年齢によるホルモンの減少かもしれません。

女性ホルモンは、脳の司令塔からの命令で、子宮から分泌されます。しかし更年期を迎えると、子宮の機能低下により若い時と同じ量の女性ホルモンを分泌することができなくなり、司令塔が何度命令しても女性ホルモンが足りないという状況になります。すると自律神経が乱れ、体温調節機能がマヒすることによって異常な汗やほてり、ふらつきなどの症状が起き、この状態を「ホットフラッシュ」と言います。

さらに更年期障害は、これだけではありません。

放っておくと様々な不調がさらに出てきます。

憂鬱、食欲不振、物忘れ、不眠、尿失禁、頻尿、肩こり、めまい、頭痛、腰痛

このままだと枯れ女にまっしぐらです。

減少したホルモンを補う方法としては・・・・
一般的な更年期障害の治療法に「ホルモン補充療法(HRT)」というものがあります。これは減少した女性ホルモンを飲み薬、張り薬、塗り薬などで補充する方法です。

しかし、人によっては体に合わず副作用を起こしてしまう可能性があるため、こまめな検診が必要になります。

他に方法はないのでしょうか

女性には、更年期が必ず訪れます。ですが、症状は最小限に抑えたいものです。

症状を抑えるために、更年期に激減する女性ホルモンを薬で補ったり、抗うつ剤、抗不安薬などで治療することは多いのですが、副作用など体への負担やリスクも大きくなります。

なので、身体の根本を作っている食事で改善することが、一番初めにとる大作です。

特に、女性ホルモンと似た作用をするイソフラボンを含む「大豆」や漢方で「温」の性質をもち、めぐりのサポートにも使われる「生姜」などを積極的に食事に取り入れてみましょう。

大豆イソフラボンや生姜には、こんなにたくさんの効果があります。

《大豆イソフラボン》
エストロゲンの代わりになる・ホットフラッシュ・ほてり・のぼ・しみ・しわ・たるみ・つや・弾力・はり・PMS・精神的に安定・肩こり・頭痛・乳がん発症リスクが下がる・骨粗鬆症予防・薄毛・育毛・不安感解消・うつ解消・バストアップ

《生姜》
むくみ・血行促進・冷え性・体を温める・胃の消化吸収を助ける・脂肪燃焼効果

更年期特有のホットフラッシュなどの不快な症状を感じる場合には、食事の内容にも注目することが大切です。

食事は変えないといけないのはわかったのですか・・・・

  • 家族の中で自分だけ献立の内容を変えるのは大変
  • そもそも大豆や生姜が苦手で食べられない
  • 食事のたびに栄養価を計算するのは無理!

そんなお悩みを解決するために

  • 食事を変える必要なし
  • 生活スタイルを変える必要なし
  • 栄養価が一目でわかる(毎日決まった量を摂取でる)

サプリメントにたどり着きました。

【更年期・イソフラボンサプリ】RakuLive(ラクリブ)

RakuLive(ラクリブ)は更年期世代40~50代の女性向けイソフラボンサプリです。

大豆イソフラボンと生姜の新処方サプリメント
大豆イソフラボン(吸収率の高いアグリコン型として)30mgが1日2粒で摂取できます。

 

今すごく売れています!!

ラクリブは定期購入になります。
初回は特別価格で1,980円でのご購入が可能です。
定期購入の購入回数の縛りはありません。

 

【補足説明】

加圧トレーニングという言葉を聞いたことありますか?

腕や足の付け根を専用のベルトで締め、腕や足の血流を適正に制限した状態で行う筋力トレーニングです。

筋力トレーニングと言ってもそれほどきつい運動をするわけではありません。

少し体を動かし、腕や足に加圧ベルトをして血流を制限すると、腕や足の末端の血管まで血液が行きわたるそうです。

そしてベルトを外して、除圧すると、ちょうどせき止められていたダムの水が放水されたように血流が良くなり、それまで筋肉に溜まっていた老廃物が押し流されるのだそうです。

メディア・SNS話題の着圧レギンス「フラミンゴレギンス」に興味がある人はこちら

 

 

 

バストを大きくしたいならバストアップサプリ【Bom2 Boron】~ボンボンボロン~
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました