コラーゲンを含んでいるバイキング料理を食べに行った

認知症予防と趣味とお気に入り

久しぶりに、ちょっと車で遠くまで出かけてきました。

寒いからと言って、家にじっとしていていたのですが、お正月に少し食べすぎたようで、お腹も若干出てきました。

お腹が出てくると、腰にも影響があり、腰がや足が痛くなってきます。

痛くなると動くのが面倒になり、家の中にじっと座っているままになります。

これでは、いかん!というので、思い切って寒い中、外出することにしました。

認知症やボケの防止になればということで、もちろんカメラをもって、あっちでパチリ、こっちでパチリと写真を撮りながらの散歩もかねていました

お昼は、美味しいバイキング料理があるというお店に、ランチを食べに行くことに。

お店のランチは、いわゆる食べ放題なのです。でもなぜか女性に大人気のお店なのです。

食べ放題といっても、私は、それほど大食いではないので、たくさんの種類を少しずつ食べることに。

とても美味しくいただくことができました。

ここのお店のバイキングには特徴があって、なんと全て料理にコラーゲンが入っているそうなんです。

通りで、食べ放題のバイキングにも関わらず女性客が多かったのですね。

でも、どうやって、全部の食事にコラーゲンを入れることができるの、ちょっと不思議に思ったので、ネットで調べてみたのです。

すると、便利な商品があるのですね。

食べるコラーゲン『ニッピコラーゲン100』

純度100%のコラーゲンなので、スプーン1杯でたっぷり5,000㎎ものコラーゲンを摂取することができます。

カロリーもスプーン1杯で17Kcalなので、カロリーオーバーになることなく安心して続けることができます。

 

ニッピコラーゲンは、どんな料理に入れてもニオイも味も変わりません。無味無臭なので、素材の味を壊さず美味しくコラーゲンを摂ることができます。

さらに、このニッピはコラーゲン原料国内シェアナンバーワンの会社なのです。

コラーゲンに関する数多くの特許を取得し、世界有数のコラーゲン研究機関を有するニッピは、世界的ブランドなのです。

料理を作る過程で、さっと一振りニッピコラーゲンを入れるだけで、その食事は、あっという間にコラーゲン入りの食事に早がわりするだけです。

これは女性が喜ぶのもわかります。

食べれば食べるほど、コラーゲンを体の中に取り込むことができるのですから。

健康なコラーゲンは、25歳を過ぎてからどんどん減少していきます。

40代では約半分に、50代では約4割に、60代では3分の1になるそうです。

歳を重ねても健康的できれいでいたいけれど、何もしないと体内のコラーゲンは、減っていきます。

このニッピコラーゲンを使えば、どんどん減っていくコラーゲンを自宅でも摂取することができます。

また、今、女性向けの飲食店を経営されている方は、このニッピコラーゲンを使って、「集客」できるかもしれませんよ。

タイトルとURLをコピーしました