結婚式のスピーチを頼まれて困っていませんか

認知症予防と趣味とお気に入り

結構式でスピーチは、重要な儀式です。

結婚式といえば、スピーチがつきものです。若い頃なら友人代表のスピーチなどで、おもしろいエピソードを交えながら、気軽にできたものでしたが、会社の上司として、親族代表として、恩師として、親として、スピーチをすることがあると思います。

そんな時、どんなスピーチをすればよいのか迷うことはありませんか。

スピーチでこれだけはご法度というものもあります。

何気にしゃべったことが、実は大問題に・・・なんてこともあるかもしれません。

そんな事例が「〇〇さんと一緒に暮らし始めて、○○君は、健康にも気を使ってもらうようになり、毎日手作り弁当を持っての出社は羨ましいですね」みたいなことを上司が、あいさつで言ったとします。

実は、両家のご両親は、自分の子供たちが同棲をしていることを知らなったのです。

てっきり、ひとり暮らしをしているとばかり思っていたにもかかわらず、上司からのいきなりのカミングアウトは、さぞかし驚いたことでしょう。

上司にしてみたら、いつも会社で「おっ、今日も愛妻弁当か・・!」などとからかうのは、日常茶飯事の当たり前の光景でした。

会社のみんなも二人が同棲していることを知っていたので、それほど大きな問題でもなかったのです。

その延長線上で、上司がぽろっと二人の同棲の件を話したので、何も知らない両親はびっくりです。

こんな内容を誰が「悪い」と思ったでしょうか。会社の人にスピーチを聞いてもらって、いくら練習してもこの点については、指摘をされることはなかったのです。

もうひとつは、やっぱり子作りや出産のこのに関してです。

不妊に悩むカップルも多く、また高齢化の結婚で、この先、赤ちゃんを産めるかわからない夫婦にとって、「子はかすがいと申しますが・・・」みたいな挨拶は、ダメです。ましてや「早くお赤ちゃんを・・・」といった挨拶もやめておくべきですね。

新婦にとっては、かなりのプレッシャーにもなりますし、子供ができない原因は、女性だけとは限りません。ひょっとして男性にも原因があるかもしれません。

また、この言葉で傷つくのは、結婚をする二人だけでなく、披露宴に呼ばれている人の中にも、不妊で苦労をしている方がいらっしゃるかもしれません。

そういう人にとっても、この言葉は重いものとなってしまいます。

赤ちゃんに関しては、もうひとつ気を付けてもらいたい言葉があります。
それは、「もうすぐ赤ちゃんも産まれることですし・・・」といったような内容の挨拶です。

これは、暗に「できちゃった婚」現代風に言えば「授かり婚」をみんなに知らせているようなものです。

二人に近い人たちは、妊娠、結婚のことを知っていますが、結婚式の披露宴では、初めて「できちゃった婚」「授かり婚」のことを知る人もいるかもしれません。

今や4人に1人が授かり婚といわれる時代です。世間一般的には、認められていても、結婚披露宴の場となると話は違います。

このように、自分では、この話はOKというときでも、スピーチでは、話してはいけない内容もなる訳です。

そんなことを考えていると、なかなかスピーチの原稿を書き終えることはできませんね。

そんな時は、プロにスピーチを作ってもらうこともできます。



◆セールスポイント◆
「結婚式のスピーチを依頼されても何を話せばよいかわからない。」
「忙しくて考えている時間がない」
そんな方の代わりにスピーチを作成します。

もしもの時は、こちらにお願いするのもいいかもしれません。



バストを大きくしたいならバストアップサプリ【Bom2 Boron】~ボンボンボロン~
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました