アルツハイマーなど認知症が回復「フェルラ酸」が奇跡を起こす【フェルラブレインPLUS】

認知症予防と趣味とお気に入り

認知症に効く新栄養素「フェルラ酸」が米糠から見つかり。治療薬「アリセプト」と併用する医師が急増しています。

認知症に効く栄養として、今、多くの医師が注目しているのは、米糠に含まれるフェルラ酸なんだそうです。

米糠は、白米に精米するときにきれいに削り取られるために、白米からは体の中に取り込むことはできません。

この糠には、ポリフェノールの成分のひとつフェルラ酸が多く含まれています。

このフェルラ酸がまず注目されたのが、アルツハイマー型認知症の原因とされる、「アミロイドβ」(異常タンパク質)を抑えることがわかりました。

アルツハイマー型の認知症は、大脳皮質や記憶をつかさどる海馬のひとつの神経細胞に、アミロイドβが沈着・蓄積していくことが有力原因だと推測されています。フェルラ酸は、このアミロイドβを不安定化させて、その凝集を防ぐことがわかりました。

その後ネズミを使った実験でも、フェルラ酸の効果は実証されました。

米糠のフェルラ酸食品をとったら重度のアルツハイマー型認知症が改善した人がいました。

その人は78歳の男性Bさんです。Bさんは、長い間入院をしていました。Bさんは、改訂長谷川式知能評価スケールで0点の重度のアルツハイマー型認知症でした。

症状も大変ひどく、こちらの言葉が通じず、しかもBさんからの発語はなし。コミュニケーションが全く取れない状態でした。

また、毎日のように病院の電話室に全裸で閉じこもるという異常な行動もありました。

その患者に、朝晩の食後にフェルラ酸食品をとってもらうことにしたのです。

それまでは、認知症がひどくなるばかりのBさんでしたが、変化があったのは、フェルラ酸食品をとった翌日でした。

なんと自分から話の出来なかったBさんが笑顔で挨拶をしてきたのです。

またその日は、1日落ち着いていて、毎日のように続いていいた電話室への全裸閉じこもりもありませんでした。

それからは、徐々に状態が改善され、こちらの話すこともある程度理解できるようになり、コミュニケーションが取れるようになってきたのです。

同時に、フェルラ食品をとるようになってから、1回も異常といわれるような行動をとることがなくなったのです。

認知症の患者さんの異常ともいえる行動で、疲れ果てている介護者は、たくさんいます。そうした異常行動を抑制するために、フェルラ酸食品は、本当に助かります。

5人に1人が「認知症予備軍」といわれている現在、認知症かなと思ったら、すぐにフェルラ酸を試してみてください。

フェルラブレインPLUSは1日2~3粒を飲むことで、フェルラ酸を補給することができます

フェルラブレインPLUSを一番お得に購入するには、定期購入をすることです。

  • 毎月指定日にお届けします。
  • 手数料は無料です
  • いつでも中止、停止できます。
  • 全額返金保証あり
  • 1回だけのお試しOKです。

フェルラ酸を摂取すると、摂取していない時と比べ、モヤモヤに画期的な変化があることがわかっています。

定期購入といえど、1回限りで解約できますので、是非試してみる価値はあると思います。

フェルラブレインプラスの購入と詳細は、公式サイトへ

 

タイトルとURLをコピーしました