認知症には、青魚に含まれるDHAやEPAが効果があります。

認知症予防と趣味とお気に入り

DHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸の事です。

これらDHAやEPAは、悪玉コレステロールを減らし血液をサラサラにしてくれます。青魚のほかにも、DHAやEPAは、ウナギやマグロのトロ。真鯛といった魚にも含まれています。

なぜDHAやEPAが認知症に効果があるのでしょう。

ざっくりと青魚を食べると認知症にいいらしいよといわれても、どのように効果があるのか知りたいですよね。

ポイントは脳神経組織の約半分は、脂質が占めているという事

脂質といえば、太った人、内臓脂肪、皮下脂肪などを想像してしまいます。どちらかといえば悪いイメージですよね。

しかし脳神経組織も多くの資質を含んでいるのです。

脳神経組織の約半分は脂質で占められています。DHAは脂質のなかでも、リン脂質の成分となり、脳や神経組織の発育と維持には、必要な脂質なのです。脳の中のDHAが少なくなると、認知機能の低下の原因になるという事も多くの研究から分かっています。
一方EPAは、脳の中を含む、血液の流れを良くし、固まりにくくする作用があります。
これは動脈硬化の予防薬としても使われています。
脳卒中などの脳血管障害は、認知症の原因となりますので、できるだけ、頭の中の血管を詰まらせないように、サラサラの状態にしておきたいです。EPAの摂取も認知症対策につながります。

DHAもEPAも多くの方が、認知症機能との関連を調べています。
それに伴い、結果も実績もたくさんあります。

DHAやEPAを摂取している人は、認知症の発症が少なかったという報告もあり、クロスワードパズルなどで脳のトレーニングをするよりは、青魚を食べて、DHAやEPAを増やす食事改善をする方が効果があるともいわれています。

そのほとんどの結果が、DHAとEPAは認知症に効果があるという事です。

でも、毎日青魚を食べる訳にはいきません。

現在DHAもEPAも簡単に摂取することができます。

以前も、紹介させていただきましたが、大正製薬のDHA・EPAが多くの皆様に支持されています。

その理由は、いくつかあります。
・定期購入をすることで、通常価格の10%も安く購入できる
・毎回送料無料で購入できる
・いつでもお休みができる
・初回は500円で購入できる

といったメリットがあるからです。
初回のみで購入をやめては、せっかくDHA・EPAが体の中に増えて生きたのに、1ヶ月程度でやめてしまっては、もったいないです。

少なくとも2~3ヵ月は続けてくださいね。

その後、健康が回復し、体調が良くなれば今度は『キトサン入りの青汁」に変更するのも良いかと思います。

キトサンは、悪玉コレステロールの数値を減らしてくれるので、血液をドロドロにする原因をやっつけてくれます。

ずっと同じ商品を飲み続けるのもいいですが、たまには、体調に合わせて、飲むものを変えてみるのも、体に刺激を与えるという事でも、良いのかもしれません。

でも、1ヶ月おきにころころと商品を買えるのはダメですよ。

しっかりと効果を実感してからでないと、商品の本当の良さは、わかりません。

タイトルとURLをコピーしました