認知症予防に、資格取得などいかがですか

認知症予防と趣味とお気に入り

認知症やボケの予防には、やっぱり頭を使うのが一番です。

趣味で、ギターやオーボエ、ピアノに水彩画もいいですが、せっかくなので、資格に挑戦なんていうのもいかがでしょうか。

今からいくつか年配の方でも調整しても面白そうな資格を列挙してみます。

◆行政書士

行政書士は、行政書類作成・法律相談など多くの業務をこなせる国家資格。スペシャリストとして独立開業もでき、就職・転職時にも有利にはたらきます。

独立開業できるところがなんといっても魅力です。自分で開業する訳ですから定年がありません。

◆社労士(社会保険労務士)

社会保険労務士とは、会社が成長していく中で大切な経営資源「ヒト、モノ、カネ、情報」の中で、一番大切な「ヒト」に関するプロフェッショナル。不況に負けない高い専門性が魅力です。

難易度は少し上がるかもしれませんが、仕事を退職してすることがないのであれば、時間だけはたくさんあると思います。

この資格を取得せずとも、勉強するだけで、年金の事や社会保険のことが理解できるようになります。認知症予防にはピッタリの資格です。

◆簿記
日商簿記3級は、ビジネスパーソンにとって基礎知識が学べる資格です。経理・財務担当者のみだけでなく、業界・職種問わず役立つスキルのため、就職・転職にも効果的です。

簿記3級は、意外と取得しやすいと思います。数字が好きな人には、是非チャレンジしてもらいたい資格です。

◆宅建
宅建は、不動産業界で必須なだけでなく、様々な業界で取得される人気の高い国家資格。不動産の扱う、金融業界や行政書士・司法書士を目指す方にもおすすめです。

いつの時代になっても「花形」の資格ですね。
不動産を多く持っている方にお勧めする資格です。

◆マンションマエストロ検定
マンションマエストロ検定は、”住まい”としてマンションを選択される際に、納得いく判断をするために必要な知識・情報が身に身に付く検定資格です。マンション購入・売買などに興味がある方に特におすすめです。

これからマンションの購入や管理をしていく人は、是非取得しておくと役に立つ資格です。

◆ファイナンシャルプランー
FP3級は厚生労働省が認定する国家資格。税金・保険・年金などのお金に関する幅広い知識が身に付くため、会社員の方だけでなく学生・主婦の方にも人気の資格です。

誰でも自分の財産管理は、自分でやりたいものです。そのための知識を勉強するという意味でも、この資格はあれば鬼に金棒です。

以上、少しですが、歳をとっても頑張れば取ることができる資格を上げてみました。

でもどうやって勉強をすればいいのかわからない人がほとんどではないでしょうか。

今やネットの時代。おすすめの講座がネット上にあります。



しかも毎月980円で、30種類以上の講座が受講し放題なんです。

様々な資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】のここがすごい!!

・月額 980円で30講座以上の資格学習コンテンツが利用可能
・スマホでもPCでも、マルチデバイス対応でどこでも学習が可能
・資格の学校TACのノウハウが凝縮された充実の講義ムービー
・過去問を徹底分析した問題演習機能
・スマホやPCで学べる月額980円

上記で挙げた資格試験のほかにこのような資格も受講可能です。
社会保険労務士、行政書士、宅建、ビジネス実務法務3級、FP3級、証券外務員二種、日商簿記3級、ITパスポート、秘書検定2級3級、サービス接遇検定準1級2級、登録販売者、販売士3級、衛生管理者、危険物乙4、マンションマエストロ検定、気象予報士、色彩検定2級、色彩検定3級、HSK3級、HSK2級、アロマテラピー検定1級2級、世界遺産検定3級、夜景検定2級3級、数学検定3級、きもの文化検定5・4級、誰でも簡単!ボールペン字講座、ワインソムリエ講座すぐに話せる中国語講座

少しやる気になった方は、迷わず【オンスク.JP】(の公式サイトをご覧ください。

認知症やボケに負けるな!!

タイトルとURLをコピーしました