認知症による睡眠障害は、65歳以上で5%ほどの人がいるようです。

体調を整えるサプリ

歳をとるとだんだんと睡眠の質が悪くなります。

不眠症になりやすいという事なのです。

不眠症の症状は、全人口の約5%ほどが、不眠症の症状があるといわれています。

これが65歳以上になるとなんと、なんと半数の人が不眠を訴えているというのです。

高齢者になるといろんな病気によって、睡眠障害が起きます。

多いのが睡眠時無呼吸症候群やむずむず脚症候群などです。
中にhあ、うつ病や認知症による睡眠障害の方もいらっしゃいます。

この中でも認知症により、睡眠障害は、65歳以上の高齢者の5%がかかっていると報告されています。

認知症が進行してくると、きおくを司る脳の部分が侵されてきます。その時、体内時計を司る神経が壊れてしまし、睡眠と隔世のリズムがおかしくなって睡眠障害を起こしてしますのです。

昼間は寝て、夜に起きてきて行動をすることは、一緒に生活をしている人にとっては、ものすごい負担となり、介護をする人までも苦しめてしまします。

これでは、介護者が先にダウンしてしまうことも懸念されます。

認知症にならない眠り方

高齢者が良く取り入れるのが、睡眠薬です。

しかし、睡眠薬をあまり多用すると、副作用によって、翌日まで睡眠作用が持ち越されこともあります。

そのために認知症の人には、できるだけ、「薬」ではない方法で、眠りに誘いたいですね。

睡眠の質が悪いと、認知症になりやすいという事もわかってきました。

お昼寝もあまり長くすることで、認知症になりやすくなります。お昼寝も30分以内にした方がいいようです。

認知症にならないためにも、最も大事なことは、規則正しい生活です。

夜勤などのお仕事の人も、できるだけ規則正しい生活リズムをつかむことで、認知用の予防になります。

寝るときは、部屋を暗くして、静かな場所を選んでください。

また、起きた時は明るい日の光を浴びることで、睡眠と隔世のメリハリがつき、夜にはぐっすりと眠ることができます。

歳をとってくると、睡眠時間が減ってきます。

どうしても早く布団に入ってしまうと、朝の3時、4時には、目が覚めてしまいます。

そんな時のためにも、ひとりで静かにできる趣味などを持っておくといいですね。

絵をかいたり、パソコンをしたり。

そんな趣味があれば、趣味に没頭し、少し夜更かしすることもあるかもしれません。

そうすることで、今度は、朝、家族のみんなが起きるときに合わせて、起きることも可能になるのでは、ないでしょうか。

夜は、できるだけ、水分を取らないことですね。水分をとると、どうしても夜中、トイレに行きたくなります。

寝る前は、できるだけ水分を摂ることを控えた方がいいですよ。

寝るために薬は飲まない方がいいのですが、サプリメントなら安心です。

私がおすすめするサプリがこれです。

一番のおすすめはこれ!!

 

もうひとつはこれです



もしよかったら購入してみてください。

購入は、公式サイトがありますので、そちらからご注文願います。

 

 

■肌が心配な方は、ヒト幹細胞培養液を使ったREプラセンタがおすすめです
タイトルとURLをコピーしました