カメラの専門用語が苦手な人のための上達講座

カメラ

一眼レフカメラを奮発して買ったけど。

イベント時に張り切って撮影係を買って出ても、いい写真がなかなか撮れない・・・。

お願いされても自信を持って受けてあげられない。

そんな悩みを抱えている方が多いと思います。

そこでカメラの本を買って読んでみても、
「F値??」「測光??」
専門用語ばかりでウンザリしていませんか?

今日は嬉しいお知らせです。

専門用語が苦手な人のための一眼レフカメラ上達講座を発見しました。

⇒ 第一線のプロなのに分かりやすい!驚きの講座

この講座は、なんとプロの写真家の方が監修しています。

写真展を開いたり、プロのカメラマンを教える立場の「プロ」の方なんですね。

だから、難しいことを言っているのかというと。

全く逆で、驚くほど分かりやすく解説してくださっています。

ですから、実際に受講した方も

「今まで色々な教本や講座を見てきてイマイチ良くわからなかったことが、同じ言葉でもこの講座で理解できるようになりました。」

というご感想がジャンジャン届いているのだとか。

⇒ これまで分からなかった用語がみるみる分かる講座

なぜ、そんなに分かりやすいのかというと。

プロだからなんですね(笑)

色々な理屈がちゃんと分かっていて、どうすればいい写真が撮れるのか、どうすれば失敗するのか、ということも全てお見通しなんです。

だから、とっても分かりやすく説明ができます。

実際に受講された方も、この点にとても感動しています。

今まで色々なものを読んでみたけど、腑に落ちなかったことがスッキリ、なるほど〜〜〜の連続だったそうです。

気づけば、専門用語も理解できるようになっているとのこと。

だからどんどん上達するのですね。

⇒ プロが教える分かりやすいカメラ講座を見てみる

ここまで良いことばかりを書いてきましたが、私も実際にこのカメラ講座を手にとってみました。

一つだけ気になったことがあるのでお伝えしておきます。

カメラ講座の中身は、

・先生が解説してくれる分かりやすいDVD
・DVDをもっと詳しく解説したテキスト

という内容になっています。

このDVDを解説したテキストというのが、本当に秀逸です。

ものすごく分かりやすいです。

が・・・。

DVDと一緒に届く冊子タイプのテキストは、残念なことに
モノクロなんですね。

ここはカラーで見たかった!!

ただ、そういうお声もちゃんと先生は把握をしていてPDFでカラー版をもらえます。

PDFというのはスマホやパソコン、タブレットからいつでも見られるので、案外このほうが便利かもしれません。

出先で確認したときなどもサっと見られます。

⇒ 中身を実際に見てみる

そして、一番感動したのが。

毎日先生からメールが届くことです。

毎日って正直、うっとおしいと思うかもしれませんが、それがものすごく面白い内容なんですね。

実際に、このカメラ講座の受講生の殆どの方が「メールがとにかく面白い」と答えていらっしゃるほど。

ちょっとこれも楽しみにしていただければと思います。

これさえ知れば、あなたも「趣味はカメラです」と堂々と言える日が来ます。

「作品を見せてください」と言われたとき、堂々と出し、見た人から「さすがですね」「素晴らしいですね」と言われることでしょう。

豪華な教材セットとは別にさらに、期間限定の
プレゼントがもらえるそうです。

こちらは、限定品なので、もし気になる方は今すぐチェックしてください。



紅葉の季節ですし、これからイルミネーションや夜景もきれいな季節ですよね。

ますますカメラが活躍しますので、腕前を上げておくにはピッタリの教材だと思います。

 

 

■肌が心配な方は、ヒト幹細胞培養液を使ったREプラセンタがおすすめです
タイトルとURLをコピーしました