認知症予防には、まずはたっぷりのテアニンと深い睡眠をとりましょう

その他

認知症と睡眠は、ともに大きく関係しています。

認知症が睡眠障害を引き起こすこともあります。また睡眠障害が、認知症のリスクとなることもあるのです。

米国の調査によると、
日中の活動が低く、夜間の眠りの質が悪い高齢者は、5年後に認知症や軽度認知障害になるリスクが眠りの深い人に比べ1.57倍になるという高い数値が出たそうです。

これは生活にメリハリがないこともひとつの原因となています。

起きているときは、体を動かし、寝ているときは、ゆっくりと体を休ませてあげるという、このメリハリも認知症にはすごく関係があるのです。

昼間は、積極的に社会活動に参加し、頭を使い、運動をして、様々な感覚刺激を受け、食事を含む規則正しい生活をすることで、認知症の予防には有効なのです。

つまり、メリハリのない生活は、アルツハイマー型の認知症の発症と関連していることは、動物実験からも裏付けられています。

昼間は、自分の趣味を生かし、生き生きとした生活をしてくださいヴァイオリン、オーボエ、サックス、ピアノ、ギター、カメラ、水彩画などで、思いっきり脳の回転を活発にしてください。

このサイトでもそれぞれの講座をご紹介しております。

一方、夜の睡眠ですが、一部の高齢者に見られる睡眠問題が、実は認知症を発症するかなり以前から出現する「予兆」ではないかという仮説があります。

日中まあり活発に行動をせずに、そのまま睡眠の質が低下することが認知症の前駆症状ではないかといわれています。

そのためにも夜は、深い眠りでしっかりと寝ることが手大切なのです。

そして、睡眠のリズムの乱れを整え、規則正しい睡眠を行うことで、認知症は予防できるかもしれません。

そうはいっても、眠剤や睡眠薬はちょっと気が引けますよね。

そこでおすすめしたいのが、「睡眠サプリ 楽睡」です。
この楽睡葉、良質な休息を得るために作られたサプリです。

緑茶を飲んだ時になぜか「ほっ」としませんか。あの「ほっ」とリラックスできるのは、実は「テアニン」と呼ばれるアミノ酸の効果なのです。

近年、このテアニンが注目されています。緑茶を飲むと、興奮状態の体を、心と身体が心地よい休息状態になるように脳にはα波が増加します。

このテアニンが、楽睡には、多く含まれています。

その他にもGABA(心の安息と気力の充実に役立つとされるアミノ酸です)、米ぬか(体をいたわり整えるために必要なビタミン・ミネラルの宝庫)、その他玄米ポリフェノールが年齢のゆらぎにしっかりとサポートしてくれます。

楽睡は先着500名様に特別価格での販売になります。

お得な定期コースは初回2,940円となります。2回目以降は5,950円でのお届けとなります。

定期購入は、最低3回の継続をお願いしています。

・本キャンペーンの対象となるお客様は、本ページから定期コースをご注文頂いたお客様のうち、本品を初めてご利用の方に限らせて頂きます(1世帯につきお一人様まで)

・定期コースは、お得な価格で定期的にお届けするコースです。お客様からご解約、ご休止のご連絡をいただくまで定期的に自動で商品をお届けいたします。お届けの間隔について特にご希望が無い場合は初回お届け日から30日前後にお届けします。3回以上のお受取りをお約束頂いております。定期コースに関するご変更はお届け日の10日前までにご連絡をお願い致します。発送後のご変更は承りかねる場合がございます。

「楽睡」の詳細と購入は公式サイトからになります。

 

■肌が心配な方は、ヒト幹細胞培養液を使ったREプラセンタがおすすめです
タイトルとURLをコピーしました