絵が好き。でもイマイチ自分の描いた絵に自信が持てないというあなたへ

水彩画

「○○の秋」で何がパッと浮かぶでしょうか?

読書の、スポーツの、芸術の、食欲の・・・
と定番の答えがありますよね。

この定番の答えは私たち日本人には深く染み付いています。

実は、実際にこの時期になると
「本」の売れ行きがぐっと良くなるそうです。

これは消費税が上がった10月でも昨年と同じように伸びたそうです。

というのも、秋になって長いこと染み付いた言葉を意識して「あー本を読みたいなー」と
なんとなく思うのだと思います。

昔からよく聞いている言葉ですが、なかなか侮れないな─と思いました。

そこで、「○○の秋」を意識して頑張ってみてはいかがでしょうか。

例えば、「芸術の秋」といえば、芸術を見たり、聞いたり、描いたりしたくなる時期です。

そこで、「いきなり上手に描ける水彩画講座」を参考に頑張ってみてはいかがでしょうか。

気候も良いので秋に旅行に出かける方は多いです。

そんな旅先の思い出をせっかくだから水彩画に描きたいな、と水彩画を始めらる方も多いです。

やさしい色合いの水彩で描く風景画は特に人気です。

なのですが、水彩絵具は思い通りに扱うのが少し難しいです。

そこで、プロの描き方をはじめから終わりまで、まるごと見ると、とてもわかりやすいです。

せっかくの機会に、大切な思い出を素敵な水彩画で描いてみませんか?

特に水彩画は60代以上のシニア層にゆっくり楽しめる趣味として人気です。

さらに!今なら。
今だけのプレゼントをご用意しております。



「好きこそものの上手なれ」とはいうものの・・・。

実際は、絵を描くのも見るのも大好きなのに、自分の描く絵にいまいち自信が持てない・・・

と思う方が多いようです。

描いた絵を披露して「すごい!」と言われたい。

もっと上手になりたい。

素敵な作品を思い通り描いてみたい。

そんな方に、ぜひオススメしたいものがあります。

それがこちら
↓↓↓↓↓

実は、素敵な水彩画を描くのに、特別な才能や鍛錬は必要ありません。

ちょっとしたことで、あなたも素敵な絵をドンドン描けるようになるんです。

なぜ、才能なしでも人が「すごい!」と褒める絵が描けるようになるのか?

今日はその秘密をお教えしますので、
ぜひ最後まで読んでみてください。

見るだけで絵が驚くほど上手くなるカンタンな方法とは?

【理由1】

「まね」するだけでグングン上達!

画家として活躍するプロの先生の描く様子を、なんとDVDで、
はじめから終わりまで、すべて見られます。

だから、「なんでこんな風に描けるんだろう?」と思っていた細部も、
ばっちり理解できるのです。

まるで先生の教室で教わっているような感覚で、
自宅でプロの技法を学ぶことができます。

【理由2】

まずは“大満足の絵”を完成できるから楽しい!

絵は通常「下絵」→「色塗り」という順番で完成させます。

ですが、この講座は気楽な色塗りからスタートです。

先生が描いたプロの下絵があるので、まずは楽しい色塗りから始められます。

そして素晴らしい絵がすぐに完成できます。

「下絵の段階でうんざりしていた」という方も、これなら楽しくチャレンジできます。

【理由3】

プロ並みの絵の描き方が、すぐにわかる。

人から褒められる作品を描くのは、そんなに難しいことではないと先生はおっしゃっています。

それは、絵の描き方の「本質」を知っているから。

これはなかなか教えてくれないところですよね。
学校でもなかなか、教えてもらえません。

今回は、その描き方の「本質」をコソっと教えてもらえます。

これを知っただけで、驚くほど自分の絵が変わったという感想がドンドン届いているそうです。

こちらから本編のお試し映像をご覧いただけます。
ちょと気になる…という方は覗いてみてください。
絵画教室よりも上達が速い!自宅で学べる!初心者向け水彩画講座

人から褒められる絵を描くのに、特別な感性や鍛錬は必要ありません。

ちょっとコツを知るだけなのです。

はじめて水彩画を描くという方も。

絵を描いたことはあるけれど、何だか納得できないなー
という方も、

もっと上手になって周りの人に褒められたいという方、

いつか自分の作品を並べて個展を行いたい方、

などなど。

「いきなり上手に描ける水彩画講座」なら基礎からじっくり丁寧に学べます。

あなたももっと素敵な作品を描けるようになるでしょう。

80歳男性「この年で楽しみを見つけました!」初めての水彩画講座

 

 

■肌が心配な方は、ヒト幹細胞培養液を使ったREプラセンタがおすすめです
タイトルとURLをコピーしました