【認知症を予防に効果あり】離れて暮らす遠くにいる孫の姿をテレビで見る方法

楽ちん 便利

あなたがスマホやインターネットなど、全くわからなくてもテレビの大画面で孫の姿を見ることができます。

子供の姿をとった動画を、おじいちゃんおばあちゃんのいる実家に送ってくれるだけで、おじいちゃんおばあちゃんは、いつでもテレビで孫の動画を確認できるのです。

孫の写真をスマホで撮って、それを送ってもらうだけ。

新しい動画が届いていたら、優しい光でお知らせしてくれます。

光っていた時は、テレビを付けて、チャンネルを合わせるだけで、孫の画像や動画を見ることができるのです。

送られてきた本体を、ケーブルで、テレビに接続するだけです。

とても簡単。

おじいちゃんおばあちゃんが動画を見たかどうかもちゃんとチェックできる仕組みもあります。

遠くで住んでいる、おじいちゃんおばあちゃんが、元気に過ごしているかも確認できます。

動画を受け取る側と送る側の作業は、簡単に説明すればこんな感じです。

-実家側
1. 離れて暮らす実家のテレビの大画面に、子どもの日常が映る専用テレビチャンネルができる
2. 実家の両親が高齢、または機械が苦手でも安心の3つの要素
→操作がかんたん(いつもお使いのテレビリモコンで操作が可能です)
→wifiなどの通信環境が不要(通信回線を内臓しています)
→サポートセンターの充実(困ったことや不明点を電話で丁寧に回答します。)
3. たっぷり大容量
→まごチャンネル本体は、写真であれば5万枚。1分程度の動画であれば2000本入ります。

-動画や写真を送る側
1. 見てくれたことがわかる
→実家に送ったコンテンツが再生されると、専用アプリに「実家が見始めました」の通知が届きます。
このチャンネルを何度も見てくれているとわかるので、もっとたくさん送りたくなります。
2. 成長アルバムとして、いつでも見返せる
→アプリ内はアップした日付でソートされているので、自分が振り返るときも使いやすいです。
3. クラウドとしての利用
→動画も画像もクラウドに保管されているから、いざ携帯のデータが消失しても安心です。



記念日などにプレゼントしてみては、いかがでしょうか

1. ご両親からの出産内祝いへのお返し
2. 母の日や父の日、敬老の日などの記念日
3. 還暦や喜寿、卒寿といった節目の年

他にもいろんなサービスはあるけれど・・・・・
1. LINE
→老眼鏡を使っているおじいちゃんやおばあちゃんは、携帯よりもテレビの大画面で孫の姿を見れる方が喜んでくれます。
また、まごチャンネルは動画や写真をどれだけ送っても定額なので、通信プランを気にすることなく子どもの日常をたくさん送れます。
2. みてねやgoogle photoなどの、スマートフォンでの画像共有サービス
→テレビで見られるため、両親が一緒に楽しむことができます。
また、親族一同で集まったときもみんなで楽しむことができます。
3. デジタルフォトフレーム
→大画面での表示や通知機能など、デジタルフォトフレームを通しては得られない数多くの体験を味わう事ができます。

詳しい料金体型や詳細は、公式サイトが用意されているので、そちらをご覧ください。

公式サイトはこちら

■肌が心配な方は、ヒト幹細胞培養液を使ったREプラセンタがおすすめです
タイトルとURLをコピーしました