仏壇の買い替えの検討を始めてみてはいかがでしょうか

その他

「仏壇は不要、もういらない?」今こそ買い替えを考えてみましょう

我が家も一軒家からマンションに引っ越しすることになりました。

私は長男なので、家には、大きな仏壇があります。
かなり昔の仏壇で、私が産まれた時にいは、すでにあったので、仏壇ができて少なくとも60年以上は経過していると思います。

そんな大きな仏壇が現役で頑張っているにもかかわらず、今住んでいる一軒家からマンションに引っ越しをすることになりました。

ここで今ある仏壇をどうするのかが問題となりました。

とても今ある大きな仏壇をマンションに持っていくことはできません。

かといって、仏壇を無くしてしまうというわけにもいきません。

私も小さいころから朝と晩には、ご飯をあげていました。毎日1回は手を合わせていた仏壇です。

最近の新聞の記事にもこんなことが書かれていました。

『今だからこそ、見直される仏壇の役割』

昔は、どの家庭にも仏壇があったのですが、最近は仏壇を持つ家庭が減ってきているのです。
仏壇の意味が軽視されるのと同時に、やはり大きな問題は、住宅事情です。

仏壇は、実家になるもの、たとえその実家が空き家になっても仏壇だけはそのままその家に置いたままになています。

しかし、そんな仏壇ですが、最近少しずつ見直されてきています。
それは、仏壇が家族のきずなを深めるのに大きな役割を果たしてきたという事です。

仏壇があるからこそ、毎日手を合わせたり、遠くに住んでいたとしても1年に1回仏壇の前で、家族そろって手を合わせたり、食事をしたり・・・昔はよくある風景でした。

仏壇が家族の深めるのに大きな役割を果たしてきたと思います。

それと同時に、ご先祖様のおかげで今いる自分もご先祖様のおかげだと自覚できるのです。

父親や母親が、毎日のように仏壇にお供え物をしてお参りをしていれば、子供たちも自然と仏様やご先祖様への敬いの心を育てることにもつながり、子供の教育に関しても大変いい影響を与えます。

現代に家族の崩壊にもこのような「心」を育てる気かが減ったのも原因のひとつなのかもしれません。

私の場合は、むつ談を「無くす」という事は、選択肢にはありません。

残された選択肢は、仏壇のお引越しと買い替えです。

誰に相談すればよいのかわからなかったので、とりあえずネットを使って、調べてみました。

こちらのサイトを見つけました。

いろいろとわからいことも多く、聞きたいこともたくさんあったので、メールでいろいろと問い合わせました。

結果、今ある仏壇を処分し、少し小さめの仏壇を購入しました。

古い仏壇の処分の仕方や、新しい仏壇の設置についてのことなど、わからないことを教えていただきとても助かりました。

今では、新しいマンションで、仏壇と一緒に幸せにこじんまりと暮らすことができています。

とても助かりました。

これからも日本人の心を忘れることなく、仏壇を大事にしていこうと改めて感じることができました。

認知症予防にも頑張りましょう。



■肌が心配な方は、ヒト幹細胞培養液を使ったREプラセンタがおすすめです
タイトルとURLをコピーしました