「フォークソングは私の青春でした」という方必見

ギター

今、このブログを見ているあなたは「○○世代」のどこに所属していますか?

よく言われる「ゆとり世代」「さとり世代」の扱い方について、最近少し調べていました。

ゆとり世代にとって、「ゆとり」と言われることはアホの代名詞のようで嫌いなのだとか。

そんなことはないと思うのですが、言われる側は気にしているのだなーと思いました。

そこで、

自分は何世代なんだろうか?と気になり調べたところ。

40代前半の私は「ロストジェネレーション」でした…。

キムタクの人気ドラマのタイトルみたいだと思いましたがラブジェネではなく、ロスジェネ。

失われた世代…。

いや、ひどすぎるネーミングだと思いました(笑)

確かに、入試のときには団塊ジュニアとかぶるので倍率がものすごく跳ね上がり。

就職のときには超氷河期と言われ、大卒女子でも50%台という就職率だとか何だとか騒がれ。

とにかく、大勢の中で勝ち上がることに必死だったような気がします。

ただ、失われていることはなく、がんばり屋さんも多い世代なのではないかと思います。

○○世代とひとくくりにされることは、あまりいい気分ではないかもいれません。

ですが、ある時代にターゲットを絞ると、この○○世代は、うまくはまる時があります。

例えば、ご紹介する「ギター教材」。

この教材は「フォークソング世代」をメインユーザーに考えて作られています。

若い頃、ギターを弾いてみようとして弾けなかった。

フォークギターに憧れの強い世代です。

そしてちょうど、今、定年退職を迎え、あの頃弾けなかったギターにチャレンジしたいと思っている方が多いのです。

ですので、「フォークソング世代に人気」という言葉が響くようです。

この世代は、経済的にゆとりがあるので、増税の影響も受けにくい世代ですといわれています。

いい世代ですね。



 ギターは、認知症予防にもすごく効果があります。

右手も左手も、細かく動かくすことで脳が活性化されるんですよ。

■肌が心配な方は、ヒト幹細胞培養液を使ったREプラセンタがおすすめです
タイトルとURLをコピーしました