元欅坂46・今泉佑唯イジメ事件 主犯格グループが鬼の形相で睨み付ける「卒業写真」

この問題まだ続いているようですね。
芸能界は、命を懸けて挑まないとダメな場所だという事がよくわかります。

4月13日に「 週刊文春デジタル 」が報じた 欅坂46のイジメ事件 で、元メンバー・今泉佑唯(20)の
脱退理由が他の複数メンバーからのイジメにあり、主犯格は、同グループの中心メンバー・平手友梨奈(17)を崇拝する
A子~E子の5人だったことが波紋を広げている。

今泉が昨年11月にグループを卒業する際、卒業セレモニーを兼ねた握手会が開催されたが、
メンバーが卒業する際にプレゼントされるのが通例だという花や手紙は今泉には贈呈されなかった。

メンバー全員と集まったファンたちで撮った集合写真のみが、今泉への卒業の記念品となった。

今泉の近親者はこう証言する。
「撮影の際、A子はなかなか写ろうとせず、B子は佑唯と距離を取り、鬼の形相でカメラを睨み付けているのです」

イジメが始まった当初から、今泉は運営会社「Seed & Flower」代表の今野義雄氏に相談をしていた。
にもかかわらず、今野氏はなかなか対応にあたらなかった。

4月15日、今野氏を電話で直撃したが、「広報を通してください」の一点張り。質問状を送ったが期日までに回答はなかった。

4月18日(木)発売の「週刊文春」では、根本的なイジメの問題には目を向けず、
卒業を涙の美談に仕立て上げることを当の今泉にも強要した、運営の問題体質などについて詳報している。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190417-00011523-bunshun-ent

【写真】問題の卒業記念集合写真
https://bunshun.jp/articles/photo/11523?utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=relatedLink&pn=2

今泉が年末の音楽番組に出演しなかった理由。
当時平手の調子がわるく笑顔でパフォーマンスできていなかったことに
対して、今泉が、センターなのにそれができないのか、自分なら…という
ことをかなりきつい口調で平手本人に言っていたことがあった。
一度ではなかった。

それに対して、上村、齋藤、守屋、佐藤、志田といったメンバーが
今泉をたしなめたところ、それによってグループ全体の雰囲気が悪くな
り、平手は責任を感じたようでパフォーマンスできるかできないかのとこ
ろまで落ち込んでしまった。

今泉は、たんに平手が戻ってくるからやりたくない、っていうよりは、
自分の実力への落胆、6th時期のリークで他のメンバーともぎくしゃ
くしたこと、それについてファンからも色々言われたこと、で、グルー
プでやるのは無理な精神状態になってる。

今後のことは、今泉の意思がきまるのを運営が見守ってるよ。
運営側としては卒業させたくはなくて、自分の位置を受け入れて
一生懸命やってくれればそれが一番という感じ。今泉次第。
まあ逆に言えば、彼女次第で卒業もあるかもということね

ブログランキングに参加しています。 ここクリックであなたの1票がはいります。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ

芸能界

Posted by red