しゃべくり007 高橋大輔&村上佳菜子が出演

しゃべくり007に出演している、高橋大輔&村上佳菜子について、エピソードがあるので御紹介します。

高橋大輔さんにはこんなエピソードがあります。

お金持ちしかできないといわれるフィギュアスケートを続けるため、近くに住んでいる人たちがみんなで高橋選手を助けてくれたという小さい頃のエピソードです。とある“年上のお姉さん”には、特にお世話になったといい「そのお姉ちゃんがいなかったら、僕はフィギュアスケートをしてないです」その女性に思いを伝え、その女性が「大輔」という名前をつけてくれたというのである。そんな人に助けられた、高橋選手もまた、人を助けることになる。今から約10年前、大阪府が財政難に陥った際、破産状態だったスケートリンクが廃止の危機に陥りました。そこで財政難のスケートリンクを救おうと、高橋選手がボランティアでアイスショーに出演したのだが、このアイスショーのおかげで、当時まだ幼かったある少女がスケートを続けることができ、フィギュアスケートという特技を活かして、なんと今や朝ドラ女優になっていた。誰のことなのかまったくわかっていない、高橋選手の前に、本人が登場。その彼女は、「本当に頭があがらない」と感謝していました。

いったい誰のことなんでしょうね。

村上佳菜子さんおエピソードもあります。

このところ、タレントとしてバラエティ番組に引っ張りだこの村上佳菜子。どんな時も弾ける笑顔とハキハキとした話し方で、好感度は急上昇中です。

ところが、3月14日発売の「女性セブン」によると、なんと村上と同じくプロフィギュアスケーターの浅田真央とは共演NGなのだそうです。

その原因となったのは、昨年4月に放送された「ボクらの時代」(フジテレビ系)での共演。村上が浅田に恋愛観や「結婚したら尽くしたい? 尽くされたい?」などの突っ込んだ質問をしたことが問題になったようなのです。

「2人は、名古屋のスケート場で山田満知子先生の指導を受けた姉妹弟子なのです。小さい頃から仲がいいんです。その関係は今でも続いていて、休みの時間があれば1週間に何度も会うくらいなのだとか。だから、おたがいのことはプライベートの深い部分まで知っています。『ボクらの時代』は、司会なしで浅田、鈴木明子、村上3人だけの番組でしたからね。天真爛漫な村上は、きっと番組を盛り上げようと頑張ったのでしょうね。芸能レポーターのように、根掘り葉掘り聞きすぎてしまったのです。それに浅田が応えただけなのですが、浅田をマネージメントする側からは、敬遠されたようです」

 

なかなか頑張ったトークをしてくれた村上佳菜子さんに感謝です。

これからも物怖じしないトークを期待しています。

 

ブログランキングに参加しています。 ここクリックであなたの1票がはいります。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ

芸能界

Posted by red