カメラを止めるな!見たよ~ 面白かった

話題の「カメラを止めるな」をみました。

以前からずっと見たかった映画なんですが、私が見に行こうと思った時には、もうすでに上映がおわっており、今日こそは、という感じで、じっとテレビの前で待っていました。

確かに最初の40分くらいは、何を言いたいのかな?という感じでしたね。

ただゾンビが出てきて、やられては、やり返すみたいな場面の連続。それでいて、なんだかぎこちない撮影。

ただ、それが、後半への布石になっているとは、思ってもみませんでした。

映画のジャンルでいえば、何になるのでしょうね。

撮影スタッフも、俳優さんの数も少なく、よくあそこまで、とれたなぁと感心します。

日本の映画もまだまだ捨てたものじゃありませんね。

 

この映画を見ると、もう一度、最初から見たくなるのは、私だけではないでしょう。

実際、どうやって撮影したのか、何度同じ撮影をしたのか、1台のカメラで40分くらいの長丁場をよくとったなぁと感心します。

私も映画が嫌いな方ではありません。

映画が終わると、なんでかいつも矛盾点を探したりします。

特にストーリーに矛盾点があるときは、全体的な映画が良くても、すごくがっかりすることがあります。

それと初めに、あまりにも感動する内容だと言い聞かせれていると、これもまた、見た後に感動はするのですが、「もっと感動するかと思った」と思い、これもがっかりさせられます。

そう考えると、映画の宣伝ってすごく微妙なラインでの宣伝なのですね。

「この映画絶対に感動します!!」といって、宣伝以上の感動をさせられるかどうか、わからないじゃないですか。感動は、人それぞれに違うのでしょうが、もし感動させられなかったら、「この映画いまいちだね」となってしまします。

それとは逆に今回の「カメラを止めるな」は、何も宣伝がないし、最初は何も期待していなかった分、ある意味「期待を裏切ってくれた」となり、それが口コミとなり、宣伝広告費なしに、大ヒットする場合もあるんですよね。

時間は、かかるけど、じわーっと人気が出てくる映画の方が、外れがないのは確か。それと口コミですね。

今度は、どんな映画に会えるのか、すごく楽しみです。

 

ブログランキングに参加しています。 ここクリックであなたの1票がはいります。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ

親父の番屋

Posted by red