お金が人を変えるというのは、ほんとうだろうか?

宝くじで10億円あたったら、なんてことを考えませんか?

よくジャンボ宝くじや、ロトくじなどで大金があたったらどうしようなんて、夢のような、ことを考えたりします。

もし、億単位のお金を手にしたときには、まず仕事をやめて、自分の好き勝手に、さらに困ってる人にも、少しおすそ分けを・・・なんて、頭の中だけで、自由な発想をめぐらせます。

実際に大金を手にしたことがないので、どんな生活になるのかは、やってみないとわかりません。

大金を手にすると、人生をだめにしてしまう。という人もいますが、そういう本人も、実際には大金を手にしたことがないのです。

よくテレビで、くじなどで、大金が当たった人のドキュメントをやっていますが、結局のところ、多くの一般人が求めているところは、ハッピーエンドではなく、今の自分より、くじが当たる前の生活よりはるかに堕落した生活に落ちていくことを期待しているのではないでしょうか。

ドキュメントのテレビも、そのことがわかっているのか、わかっていないのかは、わかりませんが、一時は、天国のような生活を謳歌しますが、最後には、堕落した生活へというお決まりのパターンです。

そのイメージが、強いために、お金持ちになったら=堕落して人生終わり・・・みたいなイメージがあまりにも強いですね。一種のひがみも入っているのかもしれません。

何人かは、大金を手にし、この上なく贅沢で幸せな暮らしを死ぬまで続けた人も、きっといることでしょう。そういった人の話は、全く出てきませんね。

大金を持つと人が変わる・・・これは、私の周りで、実際にそういう人がいないので、確認できませんでした。

確認できたことがある。

逆に、仕事などで、会社の代表を務め、会社を守るために、会社を大きくするために、借金という選択肢をとり、大変になった人はいました。

一度借金をすると、癖になるのか、どんどんと借金を繰り返し、最後には、いろんな人からお金を借ります。

従業員への給料の支払いも滞るし、滞るならまだしも、従業員にお金を借りさせ、そのお金を会社の運転資金へと流すのです。

いままで、いい人だと思っていたけれども、これだけお金が回らなくなると、ほとんど他人のことが見えなくなります。

どんなに尽くしてくれた人であっても、身内であっても、お金が回らなくなると平気に嘘をつき、平気に人をだまします。

これは、お金をたくさん持って人生を狂わすより、もっとたちが悪いのです。なんといっても他人に迷惑をかけます。

そんな人とは、いち早く離れるか、ある程度の距離感を持って接したほうが賢明ですね。

あなたの回りにもお金に振り回されて、他人から信じてもらえず、最終的にはひとりボッチになった人はいませんか?

ブログランキングに参加しています。 ここクリックであなたの1票がはいります。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ

大金は人生を変えますが、借金は人を変えます。