あなたの苦手なタイプの上司ってどんなタイプの人ですか?

人にはいろいろあって、合う人合わない人がいる

友達同士なら、合う人なら毎日でも一緒に、いろんなことして楽しい時間をすごすことが出来るし、合わない人なら連絡を取らなければそれですんでしまいます。

しかし、仕事ともなると、そうもいかない場合が多々あります。

いやな上司、部下そして仲間とも同じ目標に向かい業務を遂行していかなければなりません。

 

仕事で、悩みの原因のかなりの上位で「人間関係」というのが入ってくるのではないでしょうか?

ちなみに私も、上司にだけは、恵まれていないという自信があります。

 

自分の仕事が終わらないのか、いつまでも部下を帰そうとしない上司、訳もなく急に怒り出す上司など。

 

他にも、社内ではそんなに怒ったりしないのですが、たまたま私とその上司とで取引先に向かい、その取引先の方がちょっとした不手際を起こした際、そこまで怒らなくていいだろうというほど、声を荒げ、大きな声で怒鳴り散らす姿には、こちらが逆に申し訳なくなるばかりか、その上司に対して、とても残念な気分になってしまいます。

 

そのほかにも、何かにつけてクレームをつけ、もらえるものは、もらっとくという上司や、公共の場で大声を出して、店員さんなどいきなり罵倒する上司。

そんな人のそばにいるだけで、こちらもすごくいやな気持ちになってしまいます。

とてもその上司をかっこいいとは、思えません。

 

その上司にしたら、相手をぎゃふんといわせた。懲らしめてやったぞといったところでしょうか。

でも、私から見ると、そういうあなたが、いちばんかっこ悪いですよという感じでした。

 

大人なので、もっと穏やかに物事を進めることは出来なかったのでしょうか。

そういう人たちと、一緒に仕事をしていると、仕事自体のストレスより、その人と仕事をすることがストレスになってきます。

 

それらの上司にとって共通していることは、会社のために、もしくは、あなたのためにやってあげている、決して私のためではない、でも私が全て正解なんです。

というスタイルがあるところです。

会社のために、あなたのためにしてやっていることが、全くの逆効果なのです。全て自分の欲求を他のものにすり替えているだけです。

 

そういう人とは、仕事で出会わなければ、一生一緒に楽しむことは出来ないと思うので、割り切ってそして深入りせずに付き合うことが大切ですね。

 

私は、そんな上司がいやで、会社を辞めてしまいました。

そんな上司がいる会社も嫌いになりました。

 

我慢は、する必要ありません。そういう人は、ほったらかしておきましょう。

そういう人は、勝手に怒って、勝手に落ち込んで、勝手に納得しますので。

ブログランキングに参加しています。 ここクリックであなたの1票がはいります。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ