ブログのアクセス数が意味するもの

 

始めのころは、アクセスは、ほとんどありません。

たとえアクセスがあっても5とか6くらいです。

 

私も長い間、そんなアクセス数です。(今でもそれに似たようなものですが・・・・)

記事を書いては、アクセス数を確認する毎日です

 

毎日、アクセスを見ていると、だんだん不安になってきますよね。

全くアクセス数が増えないので。

このまま、インターネットの世界に、折角書いた記事が埋もれていくのではないか、もしくは、誰も私の記事なんか興味が無いのではないかと。

 

そんな不安な毎日を過ごしながら、ブログを書き続けていくことになります。

 

発想を変えてみる

私は、アクセス数が伸びないときに、発想を変えることにしました。

ブログを書くことで収益を目指しているのならば、当てはまらないかもしれませんが。

そうでなく、ただ、日記として書き続けるならば、今、書いているこの記事が、将来の子供や孫のために、今の自分の思いを残すことが出来る手段の一つであると。

今は、花咲くことのないこの記事ですが、将来、何年か経って、また私が亡くなってからかも知れませんが、私の子供や、孫が、この記事を見ることで、何かを感じてくれるのでは、ないでしょうか。

 

特に、子供や孫の事を書きとめておくことは、その子供たちにとっても、大人から見た、自分たち子供時代の姿を、のちのち客観的に見ることが出来るのです。

これってけっこう面白くないですか?

子供たちが、自分の親の書いた記事を見てあの時、こうやったんやと思い返し、そこには画像も一緒に添付されています。

きっと何かの役に立つと思います。

それ以外にも、今は、全然役にたたない記事でも、数十年後には、すごい文献として世に広まるかもしれません。

 

そう考えると、今日、明日のブログのアクセス数なんて、大したことありませんよ。

そう思って、記事を書き続けてみましょう。

 

そうすると、ブログのネタにすることもたくさん出てきます。

 

ただ、アフェリエイトなど、収益を出すために、ブログを書くのならば、今書いた、ブログの話とは、全く正反対な書き方になります。

アフェリエイトの記事なんか後世に残してもどうしようもないし、それよりも、今現在どれだけアクセスをあげて、利益を出すかが、最重要課題であります。

 

アフェリエイトも、大変です。

どちらの書き方を選んでも、長く続けないとあんまり意味がありませんね。

 

とりあえず、長く続けて書くことを意識して、頑張りましょう

ブログランキングに参加しています。 ここクリックであなたの1票がはいります。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ