ブログを書いて良かったこと、悪かったことを教えます

私がブログを始めて、間もなく1年になります。

その1年を振り返って、ブログを書き始めて良かったことと悪かったことを書いてみたいと思います。

 

まず、ブログを始めて悪かった点。

ブログを始めて、悪かったことは、そんなにありません。それよりも悪かった状況を良くするため、それに、同じ境遇の仲間を探すために始めたブログなので、そんなに悪いことはありませんでした。

ただ、不都合なことはありました。

私は、今生活している状況をブログに載せて、多くの皆さんに読んでもらうようにしています。

しかし、あまりにも近い人たちに読まれると恥ずかしいのです。

家族や、職場の人間、近所の人などです。

できるだけ多くの人に読んでもらいたいのですが、あまりにも近くの人に読まれることを嫌がるなんて、すこし矛盾していますね。

特にアクセスを伸ばそうと思いSNSなんかも使いたいのですが、すぐに身元がばれてしますので、今でもフェイスブックなどでは、宣伝していません。

本当は、ぶっちゃけてしまうのがいいのでしょうか、まだ私の心の準備ができていないのです。

なので、私から遠い人たちに、ブログの存在をを教えて、アクセスを伸ばしている感じです。

これが、今すごく都合の悪いことですね。

 

ブログを始めて良かったことは、たくさんあります。

何と言っても、グーグルアドセンスなどでお小遣いをわずかでも稼げることです。

まさか、私の書いたブログでお金儲けができるなんて、思ってもみませんでした。

稼ぐ金額なんて、本当に本当にごくごくわずかです。

でも、そのわずかな金額が、すごく励みになります。

さらに、アフェリエイトで売り上げが出た時もうれしいですね。

 

そしてもう一つうれしいことは、多くのブログ仲間と交流できることですね。

お互いの顔も名前も知らないもの同士で、交流するのは、気が楽で、楽しいです。

おかげで、ブログを続けることができています。

 

そして、毎日毎日書くことで、記事がどんどんたまっていくのも楽しいです。

1年間、ほとんど毎日書き続けたら、いつの間にか300記事くらいは、書いたのではないでしょうか。

 

一回投稿して、その後ほとんどみられていない記事もたくさんあります。

でも、この誰も見てくれない記事も私にとっては、過去の記録、いわば日記のような役割をしてくれているので、非常に大事な記事の一つなのです。

他人にとっては、何も役にたつことのない記事でも、私にとっては、とても大事な記事の一つなのです。

ブログランキングに参加しています。 ここクリックであなたの1票がはいります。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ