田舎では、買い物難民が増えています。

買い物難民って聞いたことありますか?

 

買い物難民(かいものなんみん)とは、従来型の商店街や駅前スーパーといった店舗が閉店する、あるいは対象の地域における交通を支えてきた公共交通機関(鉄道・路線バスなど)が機能を満たせず廃止する、などの事象を理由として対象となる地域の住民が食料品をはじめとする生活用品などの購入の困難や、病院への通院の不全、役所への届け出の困難、などに代表される社会サービスの需給における不全・不利益に晒される(一部の生存権の行使を拒否される)という社会問題、またはその被害を受けた人々を指す言葉。より広い意味で交通難民(こうつうなんみん)とも称す。「難民」という言葉に対して買い物弱者という言葉を使うケースもある   【Wikipediaより引用】

田舎では、自分で車を運転して買い物に行くか、もしくは、歩いて行ける範囲であれば、歩いて買い物に行くしかありません。

お店は、1店舗あればいいほうです。

 

その店舗までは、とても歩いていける距離ではない人もいます。

 

特にお年寄りには、車の運転も危ないし、歩くのも大変という方もたくさんいらっしゃいます。

そういう方には、移動販売車が来てくれればいいのですが、流通の専門家から言えば、田舎の家は、部落で密集しているところは、10軒ほど家が集まっているので、一度の訪問である程度の売り上げを確保できるのでよいでしょう。

 

しかし、田舎の現状は、人口がどんどん減って、集落がなくなりつつあります。(これを限界集落といいます)

そういうところへ車を走らせても、買い物をしてくれる人は少なく、利益的にはマイナスになってしまします。

 

そういう時には、インターネットさえ使えれば、宅急便が家までいろんなものを運んでくれます。

インターネットの中に何でもそろうスーパーがあればすごく便利です。

しかも安ければなおさらGOODですね。

 

田舎の買い物難民を救うようなサイトを見つけました。

しかも2500円以上の買い物で送料が無料になります。

また重い荷物を持つことができない、お年寄りや妊娠している方には、家まで運んでくれるのですごく助かりますね。これならまとめ買いもできます。

また、雨の日でも雪の日でも外出しなくていいので、とても便利。

ギフトにも対応しているので、お中元やお歳暮にも助かります。

この安さは、飲食店を経営されている方にも是非お勧めします。

インターネットで注文さえしておけば、あとはお店の経営に集中できます。コストも削減できるのではないでしょうか。

そのサイトがこちらになります。

お酒が中心ですが、調味料やその他多くの食料品を取り扱っています。

なんでも酒や カクヤス

 

以下田舎のバイヤーのおすすめ商サイトです。


今、流行のメルカリでのお買い物もおすすめ

ブログランキングに参加しています。 ここクリックであなたの1票がはいります。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ