足が痛い、原因は椎間板ヘルニアのその後

相変わらず、椎間板ヘルニアが原因で左足が痛い、田舎の隠れたバイヤーです。

最初に病院へ行ってから1週間が経過しました。その後ヘルニアの状況がどうなったのかというと・・・・

 

1週間が経ち、病院へ行く日。

その日は、痛み止めを職場へ忘れてきたために、飲み薬を飲まずに過ごしていました。

すると案の定、痛みが襲い掛かってきました。

全然よくなってないじゃん。

そうです、症状は、1週間前と何にも変わっていません。

それどころか、痛みが増している感じなのです。

 

これは、まずい。

じっとしていると足に痛みがどんどん来ます。動いていると、まだ気が紛れていいのですが、椅子に座っておくとか、じっとしているとか、運転しているとかになると、どうしても痛みに気がいってしまいます。

 

もうこれ以上、痛みが我慢できないというところで、病院へ。

待合室でもじっと座っておくと痛いので、あっちうろうろ、こっちうろうろしています。

 

名前を呼ばれ、診察室へ入ります。

すかさず、「今」すごく痛いことを先生に伝えます。

すると前回はレントゲンを撮ったのですが、今回はMRIをとることになりました。

MRIは以前、この病院で、ぎっくり腰のときに撮ったことがあります。

心の準備は、すでにオッケーです。

 

早速MRIをとるために部屋に入ります。

ヘッドフォンをされ、そのヘッドフォンからは、素敵な曲が流れています。

MRIの機械が動き出しました。

まるで工事中のような大きな音がします。

ヘッドフォンから流れる優雅で素晴らしい音楽は、全く聞こえません。

このヘッドフォンは、ただ、この工事中のような大きな音が直接聞こえないようにするだけのものなのかもしれません。

動かないで・・・ということだったので、じっとしていると眠くなってきます。

うとうとしていると、あっという間に終わっていました。

 

そして、先生の診察です。

やはり以前ぎっくり腰をしたところがヘルニアになっているらしく、もう少しこのまま薬を飲んで様子を見ることになりました。

薬さえ飲めば、痛みはないのですが、早く良くなってもらいたいのです。

 

というわけで、、今のまま温存治療となりましたが、さっそくゴルフに行ってきました。

どうしても断れない、ゴルフで、コルセットをしたまま、ゴルフをしました。

薬もしっかり飲み、腰に負担のかからないような変なスイングで、何とか頑張ってきました。

飛距離は、全く出ません。

 

とにかく、これ以上ヘルニアがひどくならないようにと思うばかりです。

 

朝は、薬が効いていない状態なので、現在の症状の具合がわかりやすいのです。

翌朝、布団からでて、数歩歩いたとたんに、左足がしびれ、そのまま激痛へと変わっていきます。

ほとんど歩けないほどの痛みが、左足を襲います。

やはり昨日のゴルフの影響でしょうか。

このままでは、何にも出来ません。

這うように、薬の袋までたどり着き、なんとかロキソニンをゲット!!

これさえ飲めば、痛みは和らぎます。

急いで、ロキソニンを飲んでしばらく横に成ります。

といっても、そんな急には効果は出ません。

仕事に行く時間になったので、痛い左足を引きずりながら、車へと乗り込みます。

運転中も左足は、激痛です。

早く薬が効いてくれなければ・・・

運転にも集中できません。

のろのろ運転で、前進です。

 

仕事に到着してもしばらくは、何も動くことが出来ません。

じっと横になり、薬が効くのを待ちます。

そうしている間に、劇的に薬が効いてきます。

すると、普段どおりの生活が出来るようになります。

by カエレバ

今日も1日頑張れます!!

by カエレバ

 

 

そう思いながらも、ゴルフはかなり楽しかったのですけどね。(笑)

丸投げOK!アフィリエイトサイト作成代行サービス「Marunaget」サービス申込

ブログランキングに参加しています。 ここクリックであなたの1票がはいります。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ