人に対する対応の仕方に悩んでいます

最近仕事で、人に対する対応で、何が正解で何が間違いなのか、ちょっと疑問に思っているところもあり悩んでいます。

 

皆さんもこんな思いをしたことがありませんか?

 

役所などの手続きで、何度も何度も書類の提出のやり直しを求められるとします。その際、こちらが低姿勢に、相手の言うことを聞いていると、どんどん要求のハードルもあがってきて、ほんとにそれ必要なんですかということまで、支持されることがあります。

 

それとは別に、いつも役所内で、大声で怒りを爆発させているおじさんがいます。その方の場合、私と同じ手続きをしているにもかかわらず、いとも簡単に審査を通ってしまうこともあるのです。

 

今回の問題は、役所の人の対応が、どうのこうのというわけではなく、人として、ある程度、文句を行ったり、大声を出して威喝しておいたほうが、本当は得をしているんじゃないかということを、ふと考えてみたんです。

 

相手に何でもへりくだって、物事をスムーズに進めようというこちらの思いとは裏腹に、相手はどんどん調子に乗り、かえって物事を複雑化していくことが、よくあります。

それどころか、すべて相手のペースに流されてしまって、こちらが丁寧に対応すればするほど、無理難題をふっかけてきます。

 

そんなことより、はじめから、ガツンと一言二言、いいはなって、相手をすこし萎縮させておくほうが、物事がスムーズに行くんじゃなかろうかと。

このやり方で、得をしている人たちが、ものすごく多くなっているのことも知っています。だって、実際、得するんですもの。

 

誰しも脅されたり威喝されたりするといやですよね~。それを武器として使う人がほんとに多いのです。

 

そこで、こんな風に考えてみました。

 

その場は、威喝したりすると、相手がビビッて、スムーズに物事はすすむかも知れませんが、長い目で見ると絶対に損をしてますよね。

威喝した相手には、少なくともいい思いをさせていないし、むしろその方は、威喝されたことで、その人のことを心から好きになることは無いでしょう。人の心は一度傷つけられた人のことは、決して忘れませんから。

そして、その周りにいた人たちは、どのように感じるのでしょう。

こちらも大声をだして、わーわー行っている人の見方にはなりませんよね。できれば攻められている人を何とか助けてあげたいという気持ちのほうが強くなってきます。

 

この現場には、言い争っている内容が、正しいのか、正しくないのかはさておき、討論の仕方で、人を見られるということですね。

 

一緒にいて、恥ずかしく無いことが大事です。

 

皆さんもそういう現場に出くわしたこと無いですか?

 

言う時は、いわなければなりません。その場合言い方と、いう場所をしっかりとわきまえて物を申しましょう。

 

人生は、長いのです。損しないように生きましょう。


ブログランキングに参加しています。 ここクリックであなたの1票がはいります。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ