自治体が作る建物が多いと感じます

最近、急に私の住んでいる町では、いろんな建物が増えています

まずは大きなホールが出来ています。

 

市の人口は2万ちょっとの町に大きなホールが出来ています。

 

すでに中規模ながらホールはあるのですが、まるで、政令指定都市が作るような大きなホールが出来ています。

作るのには、補助金などで、町の手出しのお金は少なくて済むようですが、今後、維持管理していくことを考えればかなりの費用負担は避けられません。しかもそれを運営していくのは、市の職員なのでしょう。

職員削減といわれる中、これでは、逆に職員を増やしていかなければなりませんね。

臨時職員とかいう形で、募集するのかもしれません。

臨時職員だと、見た目の正職員の数は増えませんからね。

 

次にそれぞれの自治会などのいわゆる公民館と呼ばれる施設が、どんどん建て替えられています。さらにコミュニティーセンターと呼ばれる建物も次々に出来ています。

 

役所の中にも十分コミュニケーションをとることのできる会議室もたくさん余っている状況の中で、ほんとに必要なのか不思議に思ってしまいます。

 

住民からコミュニティーセンターを作ってくれという要望が上がってきて、ようやく実現することが出来ましたとおっしゃっていましたが、本当に住民が欲しがっていたのでしょうか。そして住民たちは、ただの空き部屋を何に使おうとしているのでしょうか。

 

月に数回しか使うことのない建物に数千万円注ぎ込んでいます。

 

運営主体の全く決まっていない、施設も建設中です。

ただ、オープン日をすでに告知したばかりに、急いで、建物を建てています。

まだ中身もほとんど決まっていないのではないでしょうか。

従業員は集まったのでしょうか?

従業員の教育は誰がするのでしょうか?

 

安い給料で働かせるのでしょう。

役所より給料が高くなっては、いろいろと面倒なこともあるのでしょう。

 

なんかがっかりすることばかりです。

本当に市民に恩恵があるのでしょうか。

 

既得権益ばかりです。

どこかで誰かが儲かっていいます。

末端の市民は、ほとんど恩恵がありません。

 

それより高い税金を支払わされ、負担し続けます。

もっと住み良い町になればいいなぁと思っています。

 

次の選挙は、ちゃんと考えて投票しないといけませんね。

 

いつまでも、まかせっきりだとこうなっちゃいます。

いい教訓になりました。

 

批判するのは簡単だということも良くわかっています。

今度は自分から何か動いていかなければなりませんね。

 

 

女性の理想のバストを叶える【レスタリアージュグラミーバストクリーム】

ブログランキングに参加しています。 ここクリックであなたの1票がはいります。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ