サラリーマンには大問題 残業代は必要なのか?

いろんな記事を見ていると、以下のようなページが出てきた。

 

いろんな意見があると思う。

 

残業代は、必要なのでしょうか。

もう一度よ~く考えるには、いい記事だと思う。

 

でも、残業代がなくなったら、命令されて働き続ける人もいるんでしょうね。

これは、残業代の問題ではなく、パワハラの問題ですね。

 

残業代が支払われることで、ある意味このパワハラを抑制する効果はあるのですが。

自分のためになる残業や、やっていて楽しくなるための仕事なら、残業代がなくてもやれそうな気がするんだけど。

 

やっぱりすべて世の中、お金が解決していくことが、なんだか残念です。

 

あなたの意見はどうですか?そんな思いをかみしめながら以下の記事をご覧ください。

 

 

【実業家】残業手当はすぐになくしたほうがいい カルビー・松本会長

残業手当という悪しき制度

――日本企業が取り組んでいる働き方改革を見ると、その多くは残業規制のための制度作りに注力しすぎている気がします。この点はいかがですか?

日本の働き方において何が一番悪いかといえば、言うまでもなく残業ですよ。残業手当てという制度がある限り、問題は解消されません。

働き方改革に関しては、あながち政府が言ってることも間違ってるとは思いません。裁量労働制にしたらいい。特にオフィスで働いている人たちは、「時間」ではなく「成果」で働いているのですから。

ところが、そうした人たちに残業代を払うとなれば、そんなのするに決まっているじゃないですか。

例えば、「伏見さん、明日から残業手当を払うよ。1時間100万円」。しますか?

――します。

当たり前でしょ。「松本さん、あなたカルビーの会長だけど残業代払うよ。1時間10万円」。やるに決まってますよ。

もらっている給与に対して、残業手当は高いです。あんな悪しき制度を作っているから社員は使うんです。いま残業を月に数十時間している人がいたとして、明日から残業手当を1時間30円にすれば、きっと誰もやらないですよ。

――制度化してしまったがゆえの弊害ということですね。

ただ一方で、会社にとっては残業手当の金額自体は高くないのです。新しい人を雇うよりも、今いる人にたくさん働いてもらったほうが採算が合うので。まあ、そんなことやってるから、多くの日本企業はうまくいかないんだけどね。

続きに興味を持った方は、こちらの記事へどうぞ
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1806/05/news064.html

ブログランキングに参加しています。 ここクリックであなたの1票がはいります。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ