インターネット販売での送料についての考え方

送料は、どのようにして価格を決めるといいのだろう

インターネットを使って、ホームページをつくり商品を販売しようと思っている人もたくさんいると思いますが、その際、送料はどのように考えているのでしょう。

私なりに少し考えてみました。

 

結果からいえば、送料は無料にして商品を打ち出したいところです。

でもこれでは、とても儲けが少ない、もしくは商品代金が高くなり、結局購入というところまでいかないのではないかと考えてしまいます。

 

いったいどうすれば、送料を回収でき、尚且つ、商品を売ることが出来るのでしょうか?

 

店舗で売るならば、商品にだけ値段をつければいいのですが、送るとなると本当に厄介です。

しかも場合によっては商品よりも送料の方が高い・・・なんてことも。

それでは、本末転倒になってしまいます。

 

本当にそこでしか買えない商品であれば、高い送料を払ってもしょうがないのですが、多くの店舗から選ぶのであれば、送料の安いところを選ぶことは常識ですね。

 

さて、では、どのように価格を決めていきましょう。

 

■送料を全国一律にするパターン

これは、送る側も手間を取らずに計算しやすいので便利です。

お客様にとっても、わかりやすいですね。

ただ欠点は、送り先が遠くになればなるほど、利益が少なくなるということです。

 

■一定額で送料無料

これは、ある一定以上の金額の買い物を誘発するためには、効果的ですが、やっぱり利益は少し減ってしまいます。5,000円以上とか10,000円以上とか、かなりの金額を購入してもらえるサイトならばおすすめですね。

 

■地域によって送料を変える。

これが、一番スタンダードではないでしょうか。お客様もわかりやすいし、店舗側もちゃんと商品の利益を取ることが出来るし。欠点は、発送する地点から、遠くなればなるほど送料がかかるので、近くのお客様がどうしても多くなってしますことですかね。

 

後は、メール便やレターパックなど定額のものを使う場合もありますが、その場合、入れるものに制限があるので、その容器に入るものであれば、是非使いたいシステムです。

送料無料というのもありますが、結局は商品代金に送料が少しのっかているのでしょう。

 

商品の利益率が高ければ、少しは送料を吸収できるでしょうが、原価が高いものを売るときは、しっかりと別料金で送料をもらったほうがいいですね。

 

インターネットで商品販売するときは、出来るだけ原価率を下げることが、もっとも大事なことなのではないでしょうか。

そうすることで、いろいろと展開を考えることが出来ます。

 

原価率が高いものは、ネットで販売してもあんまりうまみはありません。

 

送料で損をしないような仕組みを作り上げていくことが大事ですね。

21種類の九州産野菜をブレンド。完全無添加青汁



ブログランキングに参加しています。 ここクリックであなたの1票がはいります。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ