認知症を予防する5つのポイント

認知症は、いろんな方面から研究が進められていますが、決定的な予防方法は、まだ見つかっていないようです。

しかし「効果が期待される」といわれる方法もあるようで、特定の生活習慣や食品を生活に取り入れている人もいるようです。
認知症には、様々な生活要素が絡むために、簡単には結論が出ないようです。

予防法が見つかるまでには、もう少し時間がかかりそうですね。

そんな中でも認知症を予防できるといわれている3つの行動パターンを予防策を紹介します。

一番は、本人が楽しく取り組めて、積極的に試し、取り組み方のポイントをつかみ、生活に生かしていくことが大切ですね。

【1、運動をする】

体を動かすことで、脳の機能を刺激する子tが大事なんです。どうしても体を動かすことができなくなると、生活の範囲も狭くなってきます。
それでは、脳への刺激も少なくなっていき、認知症の進行具合も早くなってしまします。
進行をできるだけ遅くするためにも、家の周りを歩いてみたり、散歩することが大事なのです。また運動することにより、食欲もわきます。きちんと栄養を摂って筋肉づくりをするなどして、体力作りも行いましょう。

【2、目標を持つ】

認知症の予防をすることで、目に見える成果などを見ることはできません。
成果がわかりづらいので、なんでもいいので、目標を持つことはとても大事なことです。
目標を持つことで、その目標を達成した時の達成感を味わうことができます。この小さな達成感も認知症予防になるのではないでしょうか

【3、人と会い、人と話す】

人とのコミュニケーションは、脳の思考回路を様々な方向から刺激してくれます。
他人との交流が、何よりも脳を刺激し、生活の豊かさをもたらします。
家族だけでなく、同じ認知症に苦しんでいる人との交流もいいと思いいます。絵画教室や音楽教室などへ通うこともいいと思います。

【4、生活習慣病とセットで予防する】

アルツハイマー型認知症や脳血管性認知症は、糖尿病や脳血管障害などの生活習慣病が原因となって、発症する場合もあるそうです。
そのような病気を予防することが、認知症を予防することにつながるのです。

【5、楽しんで続けることができる予防法を取り入れる】

何かに興味を持つことは、すごく大事で、趣味や特技があれば、それを行うことが一番の認知症予防になるかもしれません。
小さいことからやりたかったことや、今までやりたくてもできなったことなどをこの機会に始めてみてはいかがですか。
カメラを買って写真を撮るのもよし、水彩画を始めるのもよし、楽器を購入して始めるのもよし、化粧品をそろえてきれになるのもよし、何か興味を持って長く続けることができるようなものがあれば、多少の費用を費やしてもチャレンジするべきだと思います。

その他には、食生活に気を付けることです。
糖尿病を患っている人は、アルツハイマー型認知症や脳血管性認知症の発症率がいずれも高いという報告があります。

同じように高塩分や高血圧による動脈硬化により、脳血管性認知症のリスクが高まります。

食事のコントロールも間接的には、認知症の予防につながるのです。

このサイトでは、認知症を予防するための、様々な商品をお伝えしております。

香味がある分野だけでいいので、是非参考にされてください。

下記にこのサイト内の気になる記事へのリンクを貼っておきますので、気に合った記事があれば、是非ご覧になってください。

水彩画を始めてみたい

サックスを始めてみたい

ピアノを始めてみたい

ギターを始めてみたい

ヴァイオリンを始めてみたい

カメラ(一眼レフ)を始めていたい

ウクレレを始めてみたい

オーボエを始めてみたい

食事を作るのが大変だ

その他、おすすめの化粧品やペットの食事、体の健康を考えるサプリ、頭髪の薄毛抜け毛に関しての育毛剤など、たくさん商品を紹介しています。

 

他の商品などが知りたい場合には、下記のカテゴリーより興味のあるカテゴリーをクリックしてみてください。

 

 

■肌が心配な方は、ヒト幹細胞培養液を使ったREプラセンタがおすすめです
商品の検索はまずはカテゴリーから
認知症&ボケを防ぐ 楽しい生活を教えますをフォローする
【ボケ防止、認知症予防】音楽に触れたり趣味を持ちましょう
タイトルとURLをコピーしました